カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
  
特許や商標を初めて出願しようとする際、様々な疑問や不安があると思います。手続も複雑ですし、「拒絶理由通知」という用語を一つとっても、いままで聞いたことがない人からしたら「えっ!拒絶?」とびっくりするかもしれません(言い換えれば、「このままだと」権利になりません、という通知なんです。)。

弊所の現在のお客様のほとんどは、元々、初めて特許又は商標や意匠を出そうと考えていたお客様です。

私としては、もちろん、特許や商標の手続や法的な留意点をかみ砕いて説明するのですが、初めからそのような説明はまず「しません」。

まず何をするかというと、初めてのお客様の場合、一体、どのようなことをやりたいのか?どんなことを目指しているのか?お客様が置かれている環境がどのようなものか?等について確認します(ほとんど、雑談レベルかもしれませんが…)。

しかし、このようなステップを踏むことで、緊張が和らぐのか、お客様が本当にやりたいことが見えてくる場合があります。

実際、特許出願できないか?と訪ねてこられたお客様でも、いろいろお話を伺っているうちに本当の課題が見えてくることがあり、その結果、「それは特許出願しない方がいいですね」とか、「それは著作権の問題になりますね」というような結論になることもあります。

「弁理士」とか「特許事務所」や「知的財産事務所」という単語を見て、なんだか入りにくいなぁ、法律用語なんてわからないなぁ、と思われるかもしれません。しかし、実際は気軽に色々とお話しすればいいだけで、後は弁理士の方がプロの本領発揮、ということになります。

最初の一歩踏み出すのに大きなエネルギーがいるかもしれませんが、一歩踏み出してしまえば、案外スイスイ進むものです。

それを後押しするのも弁理士の仕事かもしれませんね。
今知的財産事務所

2017/05/02(火) 12:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
「AIで日常生活の先回り提案」(→ニュースはこちら。2017年5月1日検索。)とか「人工子宮でヒツジの赤ちゃんが正常に発育」(→ニュースはこちら。2017年5月1日検索。)といったような研究に関するニュースを見ると、星新一さんのショートショートを思い出します。

昔読んだ頃は、星新一さんのショートショートのような社会は、まだまだ先の話だろうと思っていましたが、ここまで技術の進展が早いと、現実のものとなるのもそう遠くはない未来だと思います。

このような研究が進んでいくと、様々な分野の人々の協働が必要になってきますが、「様々な分野」は、いわゆる科学(サイエンス)の分野だけではNGでしょう。サイエンスのみでは解決できない課題が発生するからです。

例えば、プライバシーや個人情報の問題等においては、すぐに頭に浮かぶのが法律が絡んでくるということです。

また、バイオのみならずロボットの分野でも、人間社会に適用するのであれば、サイエンスのみならず人文科学や社会科学も複雑に絡んでくるでしょう。

とすると、異分野連携を前提にして物事を進めていかないと、研究がかなり進んだ段階で初めて「これはまずい!」ということになりかねません(しかも、その異分野連携が、適切な分野の連携でなければ意味がありません。)。

この異分野連携、掛け声だけで終わってしまうようなことがないようにしなければなりませんが、将来展望まで見据えたビジョンと、ビジョンを達成するための戦略をきちんと立案し、支えていく人々、つまり研究自体には携わらなくても裏で支える人々もその連携に参加するべきだと思います。技術者・開発者のみの視点では、どうしても、偏りがちなので。。。

今知的財産事務所
続きを読む »

2017/05/01(月) 19:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
世間は大型連休の人もいるようですが、弁理士業、基本的にカレンダー通りです。

さて、様々な職業にはその職業特有の「職業病」みたいなものがあると思いますが、私にもそのようなものがあったりします(私だけかもしれませんが…)。

その1つが、「パパッと忘れる」というものです。

いまもそうですが、同時期に複数の案件を抱えることが常態化しています。いくつもの案件を同時並行でこなす必要があるとはいえ、基本的に、一度に一つの案件しかできません。

この様な場合、1つの案件に目途がついたら(例えば、ドラフトを顧客に送ったとか拒絶理由に対するコメントを送った等)、次の案件に取り掛かる、というプロセスを繰り返すことになります。

そうなると、直前の案件に思考が引っ張られていると、次の案件になかなか取り掛かることができません。

そうならないように次々と仕事をこなし続けていまに至るのですが、いまでは、いつの間にか、目途がつくとすぐにそれまで扱っていた案件のことをパッと忘れる(実際には、頭の中が完全に次の案件に切り替わっている感じです)ようになりました。

となるとどうなるかというと、次に同一案件に取り掛かった場合(例えば、ドラフトの修正を依頼された時等)は、思い出すのに少し時間がかかったりします。

同じ映画のDVDをちょっとプレイバックしてから見るような感じですかね。

次々に案件をこなしてパッと忘れたとしても、再度、同一案件に接した場合にパッと思い出すことが理想なのでしょうが、なかなかそうはいきません。

しかし、思考を繰り返す際に前回の思考と次の思考とのつなぎ目の重なり部分があることで、よりよいアウトプットにつながるのでは、とは思います(そう思いたい。。。)。

時間がかかる、とは言っても何時間もかかるわけではないので、特に支障はないですが。

今知的財産事務所

2017/04/30(日) 01:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |

先日、青学の講座の話をしましたが(→デザインの法と実務)、その中で、工学部系の大学生であるにもかかわらず、実際に自分の手を動かしてモノを作ったことがない学生が多いことが話題に上がりました。

頭で理解したと思っていることは「分かったつもり」であることが多く、自分の手を動かして何かを作り上げたことがないと、モノづくりの勘所が身につきません。

自分の手を使って実際にモノを作った経験がないと、何かを設計しようとPCの前に座ってCADソフトなどをいじって設計図らしきものを作成したとしても、例えば、「遊び」がなかったり、実際に作り上げた時に「使い勝手」が悪かったり(物品の端が鋭利になっており、持ったら危ない等)等々、問題が発生しやすくなります。

また、手にモノづくりの感覚がついていないので「このようにすればああなる」というような工夫に至ることも少なくなりがちです。

すなわち、手を動かすことで「想像力」と「創造力」とが育まれ、融合していくのではないかと思うのですが、それがない学生が増えてきていることから、教育面で力を入れるべきという話題が上ったのでした。

と思っていたら、「小・中学生向けにモノづくりに対する関心を高めることを目的」とした「少年少女発明クラブ」の記事がありました(→記事はこちら。2017年4月27日検索。)。

記事によると、「プラモデルの製作どころか、風船を膨らませたことすらない子供もいる」とのこと。これは、かなりまずいですね~。そのような中、記事のような取り組みは重要です。

それにしても、私の世代ではガンプラ(←登録商標です)や電子工作にはまった人も多いと思うのですが、いまは既製品ばかりでそういうこともないのでしょうね(モノづくりではないですが、昆虫採集も「店で買う」という子も多いとか。。。なんだかねぇ。。。)。

自分の手で何かを作っていくこと、「想像力」とか「創造力」云々抜きにしても、結構面白いのに実践しないのはもったいないですね。

今知的財産事務所

2017/04/27(木) 18:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
青山学院大学の大学院に「デザインの法と実務」という講座があります。縁あって私もその講座に関わっているのですが(ほぼ、生徒状態ですが(^_^;))、次回の講義は私の担当回ということで、いま、資料を作成中です。

とはいえ、昨年も同講座で1回だけ担当したので、その資料をリバイズしています。

この講座の内容、実は本来なら既に書籍になっている予定だったのですが、諸事情により出版が延びに延びまくっています(私もある章を担当していますが、中身は2015年に執筆したもので、いまでは、ちょっと古くなってしまっていますね。。。)。

講座にはデザイナーの先生が参加されているのですが、その先生の実感として、多くのデザインを取り扱う大学ではまだまだ知財に対する意識が低く、多くのデザイナーが知財を自分に関わりのあることだと考えていないとのことです。

これは、かなり由々しきことです。いくらデザイナーが様々なモノ・コトを創作しても、それが自分の手元に残らないことになりかねないからです。

ただ、気を付けなければならないのは、知財といっても「法律」ばかり教えても意味がありません。実際にビジネスをする際、或いはデザイナーが作成した作品を世に出す際には法律だけでは対応できない部分も多いからです。

すなわち、「知財」には、「物(具体的なハードやソフト等)」、「者(関わる人や補完企業等)」、「もの(他の知財、ノウハウ等含む)」が関わっており、ビジネスを考えるなら「ビジネスモデル(=ビジネスシステム+収益モデル)」が更に関わって、これらが互いに結合し、積み重なっているからです。

このようなことまで念頭において伝えないと、「法律って、難しくて面倒くさいな。。。」で終わってしまうからです。

もう少しこのようなことを取り入れた知財の授業が増えればいいのですが。。。

今知的財産事務所

2017/04/26(水) 16:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR