カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
まだ満開ではありませんが、桜も開花し、ようやく春らしくなってきました。

桜を見て「春らしい」と思うということは、ちょっとブランド的な面もあるかもしれません(桜の場合、特定の人のブランドではないですが。)。

以前、元々は商標の相談で来られたお客様でしたが、いろいろお話を聞くうちに、あるコンセプトに基づいて検討されている商品に、技術的な側面がある点が分かりました。

そこで、以下に述べますが商標だけではブランド構築における実体を守ることができないので、特許も検討できないか?ということになり特許出願もしました。

これまでその業界ではそれほど知財、特に特許に対する関心は高くはなかったのですが、そのお客様がその商品についてある展示会に出品した際、「これ、特許出してるのですか?」とこれまで受けたことのなかった質問を多数受けた、とのことでした。

これまで特許に関心がなかった分野でも、徐々に関心が出てきたのではないでしょうか(そして、それだけ魅力的な商品だからこそ、そのような質問が来たのでしょう。)。

その商品の技術的な特徴は、ある意味、パッと見である程度把握できます。商品名は商標でおさえることができたとしても、商品自体は商標では基本的におさえることができません。

とすると、名前を変えて商品が真似されるとブランド構築にも悪影響が出てしまいますが、特許でその商品をおさえることができれば、ブランド構築にも有効に活用できます。

つまり、ネーミングについて商標権を取得するだけではブランド構築はできません。

以前、当ブログでも書きましたが、ブランドは「顧客との約束」です。

まずどのようなことを約束できるのか?を考える必要があります。その上で、その約束を実現するために必要な「実体」は何か?その「実体」を実現するために必要な技術は何か?と考えると、その技術が特許の対象になる場合もある、ということです。

この「実体」をきっちり自分たちでコントロールできるようにしておかないと、ブランド構築もままなりません。そして、その「実体」について特許権や意匠権、場合によっては著作権がもしあれば、ブランド構築を強力に押し進めることもできるのではないでしょうか。

桜を見て「あ~春だね~」と人々に想起させるレベルはとても難しいですが、商標を見た人々に少しでも自分たちの商品・サービスを関連付けてもらえるようにするためには、商標以外の知財もうまく組み合わせて活用することも一手です。

今知的財産事務所

2017/04/03(月) 12:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
特許や商標について権利を取得すると登録証が特許庁から送られてきます。苦労して権利化に成功し、初めて手にした場合は、ちょっと感動するかもしれないですね。

さて、私は企業勤めの後、特許事務所に入り、2011年1月にいまの事務所を立ち上げて独立したのですが、実は、独立前は恥ずかしながら、実際の特許証や商標登録証を見たことがありませんでした。

というのも、昔勤めていた特許事務所では、特許等の書類を作成する人たちと事務の人たちとは分業されており、定型的な事務手続はすべて事務員さんが行っていたからです。

定型的な事務手続には登録証の受領や顧客への郵送等も入っていますので、これらを事務員さんが行っていると、必然的に私の所へは登録証は回ってこないわけです。

私の所へは、せいぜい、登録査定が来た程度の連絡ぐらいで、その先の登録料納付や登録証の受領、及び顧客への発送はノータッチでした。

ですので、独立して初めてお客様の特許証、及び商標登録証を手にしたときは、「おぉ、これが登録証か~」と思ったことをよく覚えています。

しかも、特許証と商標登録証とでは、紙の色が違うこともその時初めて知りました。

特許証の紙の色はクリーム色っぽい色なのですが、商標登録証は白色です。考えてみれば、商標には図案化された標章や色が施されたマーク等があるので、紙に色がついていてはまずいわけですね。

とまぁ、いまとなっては笑い話ですが、特許庁から登録証が送られてくるたびに、独立当初のことを思い出します。

今知的財産事務所

2017/03/27(月) 22:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
田舎の時間感覚と都会での時間感覚が違うと感じることはありませんか?例えば、都会で「すぐ隣だよ」と言ったら歩いて数分という感じですが、北海道でのすぐ隣は車で何分、というレベルだったりします。また、日本人と海外の人の時間感覚も、国によって結構違ったりしますよね。

これと似たように、特許権や商標権を取得するまでにかかる時間感覚も知財業界にいる人とそうではない人とでは大きく異なっているのではないでしょうか。

例えば、特許は出願しただけでは権利は取得できず、「審査請求」という手続をし、特許庁での「審査」をクリアして初めて権利を取得できます。

この審査にかかる時間は、審査請求から最初に特許庁から何らかの通知が来るまでの時間で言うと、通常の審査で約1年程度かかります(特許行政年次報告書2016年版によれば、2014年の平均だと一次審査通知までの期間は平均9.3か月です。なお、最終処分までの期間は平均15.2か月です。)。いまから10年ぐらい前は最初の通知に2年ぐらいはかかっていたので、それに比べればかなり早くなりました。

そうなんです。知財業界にいる人は「早くなった!」と思うのですが、そうではない人は「1年もかかるの!?」と思う人が、たぶん、多いのではないでしょうか。

もっと早く権利がほしい!という場合には、所定の要件を満たせば、早期審査制度やスーパー早期審査制度を利用することができます。早期審査の場合は3~5か月程度(弊所の経験上、1か月で特許になったものもあります。)、スーパー早期審査の場合は最短で1か月程度で特許を取得することができます(まぁ、最短なので、複数回、拒絶理由が来た場合などは、もっと延びてしまいますが。)。

早期審査制度等を活用すれば数か月単位という審査期間になり、いくらか知財業界にいない人の時間感覚に近づいているかもしれませんね。

この様に、時間感覚の違いは知財業界と他業界との間にもあるので、知財業界の人が「すぐですよ」といっても、どの程度すぐなのか、確認したほうがいいかもしれません。

今知的財産事務所

2017/03/22(水) 23:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |

日本経済新聞の記事に、AIの襲来により顧客のために考えなければ仕事がなくなると戦々恐々としている士業の話が載っていましたが、いまいちピンときませんでした。

その原因は、世の中では当たり前なことも、特殊な環境にいると分からないからではないかと思います。

例えば、私が独立したのは、大企業の大量の案件を効率よくこなすことだけを考えているようなやり方では、企業にとって本当に有用・有効な特許権や商標権等の知財権を取得できないのではないかと思ったからです(また、そのようなやり方では早晩、行き詰まるだろうとも漠然と思っていましたし、なによりも、大量の案件をこなすだけでは私がつまらなかったからです。)。

中小・ベンチャー企業の場合、体力に限りがある分、一つ一つの行為が非常に重要で無駄なことをやっている余裕はありません。

独立してからのメインのお客様は、中小・ベンチャー企業ですので、それこそ経営者の方々と一緒になって仕事をすることが多いのですが、そうなると、単なる出願代理の仕事では当然、収まりきらなくなります。

例えば、現在進行形に近いですが、ある企業さんは、経営者に確固とした志があり、その志に沿って将来どのような状況が望ましいかという「絵」を描き、その「絵」を実現するピースとして様々なことが検討されていました。そのような企業さんのプロジェクトに運良く入り込むことができたのですが、その「絵」やピースを下支えする技術、デザイン、標章、あるいは著作物等を複合的にどうやって扱っていけばいいのか?を経営者+従業員の方々+私でいろいろディスカッションし、時によっては互いに教えあい、知恵を出して進めています。

弁理士としての私の方の具体的な仕事としては、どうすればうまくいきそうか?どうすれば面白いか?(ここまでは特に知財は関係ありません)、どこがどのような知財なのか?それがどのように「絵」を実現する際に役立つのか?権利化したほうがいいのかノウハウとして秘匿化したほうがいいのか?ビジネスを進める上で第三者と協力する場合の知財の取扱はどうするか?等々、お客様からの情報や世の中の情報も使い、知財面のピースの構築を担当しています。

この様なお客様と面と向かって話をする仕事の進め方、AIにはまだまだ無理ではないでしょうか。

もちろん、権利化業務がメインであるお客様もいますが、そのようなお客様ともいろいろ知恵を出し合って仕事を進めています。

結局、普通に仕事をしていれば、もはや出願代理なんかでは収まらず、それこそ企業さんと一緒になって走っている、というような状況が普通になり、それが当然のようになります。あらためて顧客のことを考えるというのではなく、当然に顧客のことを考えているのです。

とすると、お客様と一緒になって走っているような小さな事務所の弁理士からすれば、上記の日経の記事はなにをいまさら、という感じがしてしまい、それがピンと来なかった理由なのだな、と思い至りました。

とはいえ、私も知財業界に入りたてのころには単に権利化業務に邁進していただけですが、社会人大学院でいろいろな企業の人とMOTを共に学び、大田区の中小企業さんに飛び込みインタビューなどして「外の世界」を見る機会を得たおかげで、「あぁ、知財業界って、やっぱり特殊なんだな」ということが認識できたわけです。

AIに取って代わられるようになるには、まだまだ時間がかかるでしょう。
今知的財産事務所


2017/03/16(木) 00:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
 
これから出願しようとする発明や商標について、既に誰かが出願していたり権利を取得していたりすると自分たちは権利を取得できません。

そのため、出願に先だって調査をするわけですが、調査をする際に忘れてはならない点の1つに、タイムラグがあります。

タイムラグには2つの意味合いがあります。

まず、仮に今日出願した特許や商標があっても、それらはまだ公開されていない、つまり、公開までに時間がかかるというタイムラグです。

特許の場合、原則として、出願から1年6か月経過した後でないと公開されず、商標の場合は出願からおよそ1ヶ月程度経たないと出願内容が公開されません。

したがって、今日検索して何も引っかからなかったからと言って、自分たちの発明や商標がまだ誰も出願していない、とは言い切れない点に注意が必要です。

そして、もう一つは、調査完了時点から実際に出願するまでの時間です。

常に知財に携わっている人なら分かり切ったことなのですが、調査時点と実際の出願時点との間の時間が長ければ長いほど、その間に新たに公開される特許や商標の数が多くなります。

そうすると、調査結果では何も引っかからなかったとしても、調査時点から出願時点までの間に新たに公開された特許や商標に引っかかってしまう、という可能性があります。

したがって、調査が完了したらなるべく間をおかずに次のステップに移るか、念のために再度の調査をする必要が出てきます

特に競争の激しい分野では注意が必要なことだと思います。

再度の調査といっても、出願直前の時点と調査時点との差分を取ることができますので、一度調査をしておけば、再度の調査はそれほど時間はかからないことが多いと思います。

このような2つのタイムラグには注意しておく必要があります。

今知的財産事務所

2017/03/15(水) 22:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR