FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

課題って、本当に重要


発明を解決する課題の設定を適切にできるか否か(見つけることができるか否か)は本当に重要です。課題次第でクレームも必要な実施例も変わってくるので。。。

そういった課題に関する事件として、知財高裁で平成29年(行ケ)第10129号 特許取消決定取消請求事件という事件がありました。

この事件の特許は、「コク、甘味、美味しさ等を有する米糖化物含有食品を提供することができる」という特許(特許第5813262号)で、請求項1は「 米糖化物、及びγ-オリザノールを1~40質量%含有する米油を含有するライスミルクであって、当該米油を0.1~10質量%含有するライスミルク。」というものです。

この事件の概要は、原告が有する上記特許に対して特許異議申立されたところ、結局、特許庁において異議決定されたので、原告(特許権者)が異議決定の取り消しを求めて提起した訴えです。結果としては異議決定が取り消されました。

裁判所は特許庁での課題の把握について「発明が解決しようとする課題は,一般的には,出願時の技術水準に照らして未解決であった課題であるから,発明の詳細な説明に,課題に関する記載が全くないといった例外的な事情がある場合においては,技術水準から課題を認定するなどしてこれを補うことも全く許されないではないと考えられる。しかしながら,記載要件の適否は,特許請求の範囲と発明の詳細な説明の記載に関する問題であるから,その判断は,第一次的にはこれらの記載に基づいてなされるべきであり,課題の認定,抽出に関しても,上記のような例外的な事情がある場合でない限りは同様であるといえる。したがって,出願時の技術水準等は,飽くまでその記載内容を理解するために補助的に参酌されるべき事項にすぎず,本来的には,課題を抽出するための事項として扱われるべきものではない」とし、「これを本件発明に関していえば,異議決定も一旦は発明の詳細な説明の記載から,その課題を「コク,甘味,美味しさ等を有する米糖化物含有食品を提供すること」と認定したように,発明の詳細な説明から課題が明確に把握できるのであるから,あえて,「出願時の技術水準」に基づいて,課題を認定し直す(更に限定する)必要性は全くない・・・異議決定が課題を「実施例1-1のライスミルクに比べてコク(ミルク感),甘味及び美味しさについて有意な差を有するものを提供すること」と認定し直したことは,発明の詳細な説明から発明の課題が明確に読み取れるにもかかわらず,その記載を離れて(解決すべき水準を上げて)課題を再設定するものであり,相当でない。」と判断しました。

通常、明細書に課題を全く記載しないということはないので、発明の詳細な説明から課題が明確に読み取れるのであれば、そこから離れて課題を再設定するようなことはダメですよ、ということです。記載要件における課題の考え方の参考になりますね。

しかし、一番重要なのは、出願明細書を作成する際に、適切な課題を発明者から聞き出すということです。このプロセスがないと始まりませんね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。