FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装飾の争い


知財高裁で平成28年(行ケ)第10087号 審決取消請求事件という事件を見つけました(裁判例はこちら)。

この事件は、ある特許権(特許第4465408号。発明の名称「物品の表面装飾構造及びその加工方法」)に対して無効審判が請求され、この無効審判では特許は無効にならなかったところ、これに不服とする原告が審決の取り消しを求めて提起した訴訟です。

結果としては原告の請求が棄却され、特許はそのまま生き残っています。

争いの内容は判決文をご参照していただきたいのですが、ちょっと興味深いのがこの特許の成り立ちと内容です。

まず、この特許、初めは実用新案登録出願され、その後に特許に変更され特許になっています。しかも早期審査されています。

アクセサリー等の表面装飾に関連する技術なので、もしかしたら当初は特許は難しいかな、と思ったのかもしれません。しかし、市場に出してみたら「これは特許にしないとまずい」という状況が発生して考え直し、特許に変更したのかもしれませんね。

そして、どんな特許かというと、「加工が容易であって、任意デザインの金属光沢による高級感のある装飾模様を形成することができ、要に臨んで、立体的な装飾模様を形成することも可能な物品の表面装飾構造及びその加工方法を提供する」(上記特許の特許公報の段落【0007】から抜粋。)という課題を解決するためになされた発明で、請求項1だけ抜粋しますと、
「【請求項1 】
 透光性を有する透明または半透明のプラスチック材料で構成した基材(1 )の表裏に位置する表面において、少なくとも金属光沢を有する金属材料が層着した金属被膜層(2 )が形成されている一方、
 この金属被膜層(2 )の少なくとも一部にはレーザー光が照射されることにより設けられた剥離部(21)が表裏面で対称形状に設けられており、この剥離部(21)において前記基材(1 )の表面が露出して、当該基材(1 )の外観と残存した金属被膜層(2 )の金属光沢との相異により装飾模様(P )が形成されており、
 基材(1 )および金属被膜層(2 )がそれぞれ表出した状態で、これらの表面が透光性を有する合成樹脂材料からなるクリアコーティング層(3 )によって被覆されて、前記金属光沢による装飾模様(P )の表面が保護されていることを特徴とする物品の表面装飾構造。」
というものです。

アクセサリーや宝飾品等の表面装飾というと、意匠という意識に傾きがちですが、特許(本件ではまず始めに実用新案)で保護することができる面もあります。

そして、本件のように無効審判を請求されるほど、(おそらく)競合に大きな影響を与える場合もありますので、自社が製造販売するものがどのような影響を外部に与えるのか、キッチリ検討しておくことが必要ですね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。