FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンセプト特許の技術的裏付け


アイデア段階からのご相談を受けることも多くありますが、コンセプトレベルで特許権を取得することができれば、権利範囲的にも応用的にも事業にとってかなり有用です。

ただ、コンセプトレベルの発明の場合、発明者・開発者の側で技術的な裏付けまではあまり考えられていないことも多くあります。その場合は、弁理士が、ある程度、技術的な裏付けを検討・追加し、実際にその発明を実施できると考えられるレベルまで仕立て上げる必要があります。

この様なコンセプトレベルの発明の特許化を目指すことはよくありますが、とてもやりがいがありますし、技術的な裏付けをする過程がとても面白く思います。

予め技術面がきっちり決まっている発明では、ある意味、コンセプトはほぼ決まっており、弁理士側がアイデアの糸口を提供する範囲は限られていますし、技術内容も弁理士側が提案する余地は狭いことが多いです。

一方、コンセプトレベルの発明の場合、通常は、そのコンセプトを創り出す前から弁理士も同席し、あーでもないこーでもない、とワイガヤの中からコンセプト創造し、創造したコンセプトに基づいて、技術的な裏付けを追加して特許出願します(実際はこれだけでなく、コンセプト創造前に先行特許の調査等、様々な「下準備」をします。)。

そして、本当にこれまでなかったコンセプトだとすんなり権利化されることもありますが、権利範囲が広くなりがちなので権利化まで苦労することもあります。

ただ、これまで私が初めから携わったコンセプトレベルの特許出願において進歩性欠如の拒絶理由は多々受けたことがありますが、実施可能要件違反の拒絶理由を受けたことは幸いにしてありません。

コンセプト創造前の先行特許調査が、ある程度の技術の勉強にもなりますし、事案に応じ、その都度、関連書籍を購入して情報収集しているので、実施可能要件はクリアできている、ということなのでしょう。

コンセプトレベルの発明では、このように技術面での裏付けが不可欠なことが多いですが、そのために都度、勉強する、ということを楽しめるのであれば、この仕事に向いているといえるかもしれません。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。