FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタートアップと外部専門家

 
スタートアップ企業は、通常の企業より成長スピードが速く、社会に新たな価値を実装することを目指すという、他の形態の企業とはちょっと異なる特質を有しているところが多いと思います。

そして、スタートアップ企業の場合、これまでにないビジネスモデル(ビジネスシステム+収益モデル)を構築して事業を進めながら、ビジネスシステムと収益モデル(特に収益モデル)に修正を加えて走り続ける、という例が多いようです。

この場合、ビジネスモデルを構成するビジネスシステム及び収益モデルの双方、若しくはいずれかに、これまでになかったアイデアが盛り込まれていることが多いのですが、ここで知財面で適切な手を打っておかないと、ビジネスモデルが世に出た瞬間に他社に足元をすくわれる可能性が出てくるので、事業をうまく進められないことになってしまいかねません(特に、資金調達面)。

成長スピードが速いからこそ、走り始めてからじっくりと考える余裕はなく、走り始める前から考え始め、走り始めても走りながら考えて実行する、というスタンスが必要だと思います(言うは易し、行うは難し、ですが…)。

そして、事業戦略を支える知財戦略を考えた上で知財面でどのような手を打てばよいのか考える場合、自分たちだけではできない場合は外部専門家の助けを借りることが考えられますが、その場合に注意すべき点があります。

それは、その外部専門家に事業の全体を理解してもらうことです。

当たり前ではないかと思うかもしれませんが、案外、そうではない例が見受けられます。

例えば外部専門家が弁理士の場合、その弁理士が事業の全体をキッチリと理解し、適切な戦略に則って動いているかどうかを確認する必要があります。

もしその弁理士がきちんと理解していないとどうなるでしょうか。

仮に特許出願することになったとしても、弁理士の専権業務は権利化なので、権利化しやすい方向に思考が偏ってしまうかもしれません(ついつい偏る専門家の罠、ですね。)。

そうすると、本来、権利範囲が広く、コンセプトレベルの使い勝手の良い権利取得が可能であったにもかかわらず、無駄な限定を加えて徒に権利範囲が狭い内容で特許出願してしまったり、本来記載すべきでない内容を記載して特許出願してしまったり、明後日の方向の権利化を目指す内容になったりしてしまいかねません。つまり、意味のない権利を取得する方向にリソースが費やされてしまう可能性があります。

したがって、知財戦略に詳しく、事業全体を理解できる弁理士と「協働」する必要があります。「協働」といったのは、弁理士も一つのプロジェクトのメンバーとして、という意識で携わった方が、より真剣に対応すると思うからであり、弁理士に丸投げであってはいけないと思うからです。

スタートアップ企業に限らずマンパワーに限りがある中小・ベンチャー企業においては、ついつい弁理士など外部専門家に丸投げしてしまうことがあります。初めのうちは仕方がないかもしれませんが、なるべく、どのようなことを考え、どうしてそのような手を打ったのか?という観点から、弁理士等の外部専門家の仕事に一緒に携わってほしいと思います。

その場合に、弁理士等の外部専門家にどんどん疑問に思ったことをぶつけてください。それに対し、なるべく素早く、親切に分かりやすく回答する専門家であれば「協働」する意味のある専門家である1つの判断材料になると思います。

そして、そうすることで、徐々にではありますが、専門家レベルとはいかないまでも専門家と普通にディスカッションできるようになります。その結果、その企業の知財基礎体力が向上し、知財をうまく事業に活用できるレベルが上がっていくと思います(弁理士としては、その企業における仕事がどんどん減っていくことになりますが、まぁ、他の企業をクライアントにしていけばいいだけの話ではあります。一番重要なのは、その企業の市場におけるプレゼンスが向上する、ということなので。)。

弊所でも、社会にとって有益な新たな価値を実装しようと構想しているお客様をサポートしていきたいと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。