きっちり耕し、維持しておく

 
様々な企業を見ていると、特許出願をそれほどしていなくても、「知的財産の蓄積」がある企業はいまあるビジネスだけでなく、変化しつつあるビジネス環境においても強い、という傾向があるように思えます。

「知的財産の蓄積」とは、技術アイデアについて特許権を取得したり、ネーミングについて商標権を取得するだけではなく、特許出願等により知的財産権を取得していなくても、ノウハウであったり、出願はしないまでも自社の人間が使えるようにするためにアイデアを文章化・図式化したものを社内に蓄えていく、ということです。

この様に蓄積しておくことで、いざ必要になったときにすぐに使えるツールとして知的財産を用いることができます。

ツール化しておけば、例えば、ある事業において何らかの課題が生じたときに、そのツールをすぐに使えるかもしれません(少なくとも、使えるかどうかすぐに検証できるでしょう。)。

また、例えば、SDGsにおいては、バリューチェーンの各段階においてSDGsのマッピングをすることが提案されています(例えば、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンの「SDG Compass 日本語版」参照。2018年6月24日検索。)

「バリューチェーンで様々な課題の抽出&SDGsの目標との合致」というところを見つければ、将来的に大きくなり得る市場で自社のプレゼンスを確保できるチャンスがあります。

ここで、知的財産権や知的財産を蓄積するにはそれなりのコストがかかり、また、かけたコストから得られるリターンはかなり先の話になります。そのため、目先のコストがどうしても気になって、知的財産を蓄積することをおろそかにしてしまうかもしれません。

しかし、目先のコストを気にして知的財産を蓄積しておかないと、同業他社に先を越される場合があったり、事業上のチャンスを見つけたとしても、そのチャンスを活かすためのツール(知財)がないとチャンスを最大限、活用できないことになります。

単に知財費用を抑えることを優先し、知財の蓄積を怠ったり、アイデアの見える化をせずにアイデアを放置したりすれば、時間の経過によってリスクが一気に押し寄せる可能性が高まってしまう、ということに気を付けなければなりません。

言ってみれば、おいしい作物を実らせるには、しっかりと土を耕すのと同様、知財もしっかりとその土台に投資をし、維持しておく必要がある、ということです。

やせた土地からおいしい作物は実らないので、その「土地を耕す」際には、知財の知識、知財と経営との関係性等を理解したうえで耕し、耕した状態を維持する必要があります。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR