FC2ブログ

知的財産の効果

 
知的財産って、どう役に立つのか?
知的財産が重要といっても、やはりこの点に納得のいくことがなければ足を踏み出すことはなかなかできません。

例えば、特許権を取得した場合の効果には様々なものがあります。
ただし、特許権を取得しただけでは権利がある状態というだけで、実際は、ビジネスにどう活用するのかを考えて使うことで初めて「効果」が出てきます。

特許権に限らず、知的財産の一般的な使い方としては私の以下のコラムをご参照ください。
日経喝力コラム:「第3回 社外に対する知的財産の様々な効能~「権利」の効果的な使い方~
日経喝力コラム:「第4回 社内に対する知的財産の様々な効能~「権利行使」だけではない!知的財産の得する効果~

上記コラムに記載したこと以外に何か効果はないか?というと、特にベンチャー企業や中小企業にとって重要な効果があります。

それは、株価に影響する(良くも悪くも)、ということです。

例えば、「ベンチャー 株価 特許」というキーワードでニュース検索すると、特許権を取得したことで株価に大きな影響を与えるニュースがいろいろと出てきます。

「世の中に今までなかった技術を特許権に仕立て上げ、ある企業が持ちました。そして、これからその技術を活用していきます」ということなので、経営資源に限りあるベンチャーや中小企業にとっては株価を押し上げる1つの要素になり得ます。

ただ、特許を1件取得しました、として一時的に株価が上がったとしても、応用技術について継続的に特許を出していかなければ、徐々に株価に与える特許の影響は薄れてしまう場合がある点には注意が必要だと思います(医薬品など、1件の特許で市場を実質的に独占できるような場合は、1件の特許だけでも株価に良い影響を与え続ける場合もあります。)。

例えば、ある1つの発明についてPCT出願後に日本や米国に移行してそこで特許権を取得し、その後に同一発明について欧州等の他国に移行して特許を取得したとしても、基本的には同一発明についての特許なので、株価は必ずしも上がらない場合があります。

技術は継続的に進歩していくものなので、開発した技術をコツコツと見える化し、事業戦略上、権利化が必要なものについては権利化して蓄積していく、ということが特に規模の小さい企業にとっては大切なことではと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR