FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

技術コンセプトを外に出すときには要注意


何らかの製品・サービスを世の中に出そうとする場合、まだ製品は完成していないものの基本コンセプトは既にあって、どうやってカタチにしていくかを考えることや、モックアップを作ったのでそこからプロトタイプ、製品へとつなげていこうと考えること等があると思います。

特に中小・ベンチャー企業では、アイデアがありモックアップやプロトタイプレベルまでは何とか自力でできるものの、製品化する際には自力では無理なので外の企業と協業したい、と思うことがあると思います。

しかし、基本コンセプト等に関して何も手当をせずに外の企業に接触することにはリスクがあります。

知財は基本的に無体財産であり、例えば、特許の対象である発明は技術的アイデアという「情報」です。「情報」は自分の頭の中にとどめておけば独占できますが、ひとたび話してしまうと、何も手を打っておかなければ、もはや独占できません。

そこで、技術的アイデアが含まれるコンセプト等を元に外部企業と接触する場合、事前に特許出願をし、第三者に自分たちのアイデアを盗まれないようにすることがリスク管理の一つになります。

もし特許出願せずに外部企業と接触すると、最悪の場合、「そのアイデアは大したことないですね」といって追い返された後、気が付いた時にはその企業にそのアイデアや改良したアイデアについて特許出願されてしまっていた、ということも起きないとも限りません。

もちろん、基本コンセプトやモックアップ、プロトタイプの段階から製品化されるまでの間に改良等がなされることがあると思いますが、その場合は、時期的な縛りはありますが国内優先権主張出願を利用することや、別途、改良部分のみ特許出願するというような対応が必要になることはあります。

しかし、いずれにせよ、基本コンセプト等の情報は簡単に模倣される可能性がることを念頭に、模倣をされたくないのであれば特許出願を活用する道もある、ということは肝に銘じておく必要があります。

ひとたび情報が外に出てしまえば、それを回収することは不可能ですので。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。