体験の蓄積

 
主に中小企業、ベンチャー企業や中堅企業の現場担当者向けになると思いますが、弊所でのサービスは特許や商標に関わらず、初めから終わりまでの間に複数回のディスカッションを挟んで提供しています。

知的財産についてこれまで触れてこなかった場合や、少しは触れたことがあるものの、知的財産についてはよく分からない、という状況はベンチャーや中小企業(更にはスタートアップ企業)の人にとっては普通のことです。

そこで、例えば、そもそもこれからやろうとする事業においてどのようなところが課題なのかを含めていろいろな「話」をします。この段階では特許や商標が出るかは分からず、企業の現場担当者(場合によっては経営層の方)としてどのようなことが課題なのかを洗い出すにすぎません。

その上で、事業をこれから進めていく上で必要になる様々なことのうち、知財で対応可能なところを明らかにします。

そして、必要に応じて権利化に向けて動き出します。

権利化の道程では、まずは権利対象を浮き彫りにし、その後に実際に特許等を出願し、拒絶理由が来た場合はそれに対応し、権利化された後は具体的にどう使っていくのか等々、様々なフェーズが存在します。

その各フェーズにおいてディスカッション(要するに打合せ)をするのですが、この打合せは、実際に自社が出願した内容を元に行います。そうすると、具体的に知的財産について実感を持って体験ができるだけでなく、その場で弁理士にいろいろ疑問等を投げかけて解決することで知的財産についての体験が蓄積されていきます。

とはいえ、初めのうちは知財についてやはりまだよく分からない状況が続きますが、企業の現場担当者が弁理士とディスカッションすることで(言ってみれば、知財のグーグル君として使うことで)、徐々に知財の体験が蓄積され、知財について「何が分からず何が分かるのか」が分かるようになります。

そうすると、これまでと比べて知財について自分で考える余裕が出て来るだけでなく、自分でも対処できる内容も増えるので、事業に現場担当者としてより主体的に貢献できるようになります。

このように、出願前から出願時、出願中、出願後等々の様々なフェーズでの体験が弁理士とのディスカッションで蓄積していき、蓄積した体験を実際の業務に活かすことで、企業の現場担当者が当該企業において活躍する場が増えることにもつながります。

これが、弊所がお客様との打ち合わせを重視している1つの理由でもあります。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR