「知的財産」の必要性

 
「知的財産」の必要性が分からない、という話を聞くことがあります。

分からない原因の一つは、「知的財産」と聞いて、即、「特許権」や「商標権」という知的財産「権」に結びつけるからではないでしょうか。つまり、特許や商標にとらわれすぎているのです。

そもそも企業においては、従来の商品・サービスを改良するための「アイデア」や、市場に投入する新たな商品・サービスの「アイデア」、逆に新たな市場を創るための「アイデア」を考えます。

このようなものを世の中に出したいとか、新たな価値を世の中に提供するために商品・サービスにこのような改良を加えたいという「アイデア」こそ「知的財産」なのです。

もちろん「アイデア」を「見える化」し、客観的に使えるようにする必要があります。

そのようなアイデアは様々な要素から構成されており、その要素の中には、事業をうまく回していくために特許や商標等の知的財産権に仕立て上げた方が良いものも含まれています。

ところで、なぜそのようなアイデアを出すのでしょうか。

それは、世の中に価値を提供し続け、事業(若しくは企業自体)を継続していくためです。何もせずに価値提供をし続けていくことは、まず無理でしょう。

よって、「知的財産の必要性」は、「ビジネスを続けていくため」と言えます。

皆さんは40代の生き方を考えたことがあるでしょうか。40代でしっかり生きてスキルを磨き、経験から得られた成果を蓄積していかないと、50代の未来は来ません。50代にしっかりした生き方をしないと60代は来ません。

これと同様に、企業等の組織体にとっては、このような「知的財産」を継続して蓄積し、事業戦略との関連で必要な部分を権利化して蓄積していかないと、段階を踏んで成長・発展していくことができなくなります。

権利化(あるいは、ノウハウとしての管理等)がなぜ必要かというと、参入障壁を築くとか、標準に組み入れるとか、事業上のリスクを最小化し、機会を最大化する点から色々と理由はありますが、簡単に言えば、事業・ビジネスで使える「ツール」として手元に置いておくためでもあります。

「ツール」を武器として使うか防具として使うか等、様々な使い方がありますが、自分たちのビジネスに活かし、自分たちの事業を継続するために使うには、適切なコントロールができる状態にしておく必要があります。

そのため、「知的財産権」や「ノウハウ管理」等の話が出てくるのです。

というわけで、事業を継続・存続させるためには「知的財産」は非常に重要であり、「知的財産権」は「ツール」として重要である、と言えると思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR