FC2ブログ

先行意匠


物品の外観デザインについて守りたい場合に利用できる法律の1つが意匠法です。

意匠についても特許と同様に、既に世の中にある意匠と同一・類似の意匠には意匠権は付与されません。

「既に世の中にある意匠」がどのようなところにあるかというと、まずは第三者の意匠公報です。その他にも各種雑誌や新聞記事等、様々な媒体があります。

そして、「先行意匠」は、特許公開公報や特許公報にも載っている場合があります。

つまり、特許公報等には図面が載っていることがありますが、その図面に意匠が表れている場合、その特許公報等が先行意匠が載っている媒体になり得ます。

意匠登録出願し、拒絶理由が通知された際に特許公開公報等が引用される場合がありますが、それは上記の通り特許公開公報等にも意匠が表されているからです。

「意匠」というとデザインなので、「なぜ特許公報が引かれるんだろう?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、外観だからこそ特許の図面にも表すことができ、その図面に自分が出願した意匠と同一・類似の意匠が既に載っていたとしたら、やはり新規性はないということになります。

もし拒絶理由通知の引用文献に特許公開公報があったとしても、それは審査官のミスではありませんので怒らないでくださいね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR