FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早い段階から足固め

 
スタートアップのみならず、新規事業検討時には「アイデア」があっても、まだ具体的なモノやサービスができていないことが多いと思います。

このような時点から「知財」の目を持っておくと、将来的に知的財産権を取得しないまでも事業にとって有益な武器が自社内に蓄積していきます。

それこそが「知財」なのですが、何を言っているかというと「知財」は目に見えるものではなく無体物です。無体物を第三者に説明する場合、どうしても「見える化」する必要があります。

その「見える化」、言葉で表したコンセプトであったり、アイデアスケッチであったり、事業計画書であったり様々ですが、言葉や文章、そして図等で表現するからこそ、第三者にも自分のアイデアがいかに良いかを説明できるようになります。

この「見える化」したアイデア、そのまま放置しておくとどうなるでしょう?

そのアイデアが良いものであればあるほど、マネしたくなる人が出てくるでしょう。

もちろん「どんどんマネして、世に広めてください」という考えもあります。

しかしこの考えには大前提があると思います。それは、「マネする人すべてが自分と同じ考えである」ということです。

マネする人の中に、そのアイデアを応用したモノやサービスについて特許権等の知的財産権を取得し、その人がその応用したモノやサービスについて独占し、第三者の実施を排除したとしたらどうでしょうか?しかも、そのような人が多く出てきたらどうでしょう。

特に先進的なアイデアであればあるほど、そのままでは市場に出せないことが多く、市場に出すために様々な工夫をする必要があります。その工夫をした内容について知的財産権が取得され、第三者の実施を排除する力が働いたとしたらどうでしょう。

そうなると、考え出したアイデアについて世に広めたいがために権利を取得しなかったのに、そのアイデアを応用したモノやサービスについてどんどん権利が取得され、応用したモノやサービスを更に応用することに対して障害が生じ、結果としてそれほど広まらない、ということも起こらないとは限りません。

ではどうするかというと、考え出したアイデアについて何らかの知的財産権を確保しておくことが必要です。

特許権等は「独占排他権」ですが、「独占排他権」というと他の人を排除するイメージが強いためか毛嫌いする人がいますが、「権利は使いよう」です。

権利を取得したうえで、その権利をリーズナブルな値段で利用してもらうか、ライセンス料をもらわないまでも権利の使い方をコントロールする(例えば、権利を自由に利用して応用したモノやサービスについて特許権等を取得してもよいが、第三者にリーズナブルな値段で利用させること、というような縛りを付ける等です。)ことで、自分のアイデアを世に広めることを制御することもできます。

もちろん、知的財産権を確保しておけば、自社のみがビジネスする際において強力なツールになります。

結局、「知的財産」は「財産」ですが、「財産」として価値が出るのは「使ってこそ」です。その「使い方」をどう制御するかが重要になってきます。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。