FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規性


特許、実用新案、そして意匠ではそれぞれ、発明、考案、そして意匠が新しいこと、つまり新規であることが必要です。いわゆる「新規性」が要求されます。

したがって、発明等の場合、世の中に知られてしまうと新規性がなくなり、新規性喪失の例外の適用を受けない限り「新規性なし」として権利を取得することができなくなるので、公表前に出願する必要があります。

一方、商標ではネーミング等の標章に「新しさ」は必要とされていません。

標章(ネーミング等)は、いわゆる「選択物」と考えられています。つまり、既に世の中にある言葉等から自分が使いたいものを選ぶ、ということです。そのため、「新しさ」が要求されません。

また、商標は業務上の信用を守ることが大きな目的の一つですが、業務上の信用は業務をしない限り生じてきません。つまり、標章を使えば使うほど、標章に接した人々(需要者)に「信用」が溜まっていきます。そのような商標にこそ保護価値があると考えられていることも「新しさ」が要求されない理由の一つになっています。

そのため、商標登録出願前に自分が考えたネーミングを世の中に出しても、それだけで商標権が取れなくなることはありません。

ただし、商標も特許等と同じように「先願主義」を採用しています。

したがって、自分が考えたネーミングについて商標登録出願する前に発表してしまうと、第三者がそのネーミングを先取り的に商標登録出願し、せっかく考えたネーミングであっても自分が商標権を取得できなくなる場合もあります。

「新規性」を要求はされないものの、第三者の先取り的な出願のリスクを考えれば、やはり発表等により公にする前に手を打っておく必要があります。

なお、先ほど「選択物」といいましたが、最近は造語やデザイン化されたロゴもかなり多くなってきており、中には「いままでなかったネーミング」や「いままでなかったデザインのロゴ」を考えて商標登録出願する例も多くなっています。

そういった場合、単純に「選択物」として考えてよいのか?ということもありますが、現在のところそのような造語やロゴであっても、やはり新規性は求められておらず、「早い者勝ち」になっています。

商標では新規性は求められませんが、第三者による先取り的な出願のリスクを考えたら、公表前に出願することが大切です。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。