公報の記載内容は疑ってかかれ!?

 
特許が出願公開されると様々な情報が公になります。その中の一つが昨日も指摘した発明者や出願人等の情報です。

しかし、その情報、そのまま鵜呑みにしてはいけない場合があります。

というのも、掲載された内容について公報発行後に変更が生じたとしても、その変更が公報に反映されることはなく、再発行もされません。

そのため、公報が発行された後に出願人の住所が変わったとか、出願人が他の会社等に変わったとしても、公報を見ただけでは分からないことがあります。

一方、J-PlatPatでは、出願された案件の経過情報を参照することができます(タイムラグはありますが)。こちらを見ると、住所変更や出願人の名義が変わったこと等、どのような経過をたどったのかを把握することができます。また、ファイル記録事項の閲覧請求をすることでも経過情報を把握できます。

この結果、公報に掲載された内容とJ-PlatPatに掲載された内容や閲覧請求して得られた情報とが異なることがあります。

このようなことは「特許公報」を参照する場合も注意が必要です。

例えば、特許公報に記載された権利者が、公報発行後に変わっている場合もありますし、以前のブログで書いたように、特許公報発行後に権利が消滅している場合もあるからです。

結局のところ、出願人や権利者等の書誌事項や権利の生死について正確な情報を得るためには、ファイル記録事項の閲覧請求等により、経過情報をすべてチェックする必要があります。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR