FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての相談時は口頭だけでもOK

 
大企業とは異なり、中小企業やベンチャー企業には知財を専門で扱う部署がなかったり、扱っている部署があってもマンパワーが不足していることが多いでしょう。

昨日のブログで、ビジネスのなるべく早い段階から知財を考えることが良いと書きましたが、そのような中小・ベンチャー企業の場合、仮に特許や商標等の知財の相談を外部の弁理士等にしたいと思っても何をどう相談すれば分からないことがあると思います。

そういった場合、つまり、「なんだかモヤモヤした状態」であっても、その時点で自分たちの悩みや困っていることを相談するべきだと思います。

というのも、第三者視点でその「悩み」や「困っていること」を見ると、知財面で外部の弁理士がサポートできる面が、相談者が気づいていない所に多く隠れている場合があるからです。

例えば、新商品のネーミングについて相談に訪れたお客様のお話をうかがった際、「それって、技術的にも新しい側面がありそうですね。」「商品を販売したら、ネーミングを変えてすぐに模倣されそうですね。」というような雑談から、特許も考えてみようとなったことがあります。

そして、相談の際に何か書類を準備しなければいけないか?というと、その必要は必ずしもありません。

アイデアの内容が分かるようなポンチ絵等があれば分かりやすい面はありますが、そのようなポンチ絵がなくても、口頭で話すだけで知財面から考えるべきことは何か?というアドバイスが得られます。

実際、あるアイデアを考えたお客様のご相談を受けた時のことです。特に資料等はなかったのですが、お話を聞くと外部に見える部分の技術は従来からある技術を用いていました。しかし、その技術の使用面においては特異なデータを用いた方法が潜んでいたので、その部分をノウハウとして扱うべき、という話に落ち着いたことがあります。

したがって、何か新しいビジネスを考えたとか、新事業開発をするというときにおいて、まだ具体的な開発が進んでいなくてもアイデアさえある程度固まっていれば、まずはその時点で相談するとよいでしょう。

特に初めての相談時にアイデアを具体的に記載した書面等がない場合、口頭だけで構いません(少なくとも、弊所では口頭だけでも構いません。)。必要であれば、弁理士の方がどのような資料を準備すべきかについて説明するからです。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。