FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知財を考え始めるタイミング

特許や商標等の知財が自らのビジネスにどのように関わるのか、これからやろうとするビジネスや現に行っているビジネスに知財があるのか(若しくは、どこを知財にできるのか)、ビジネスに知財をどう使っていけばよいのか、そもそも知財を考える必要があるのか等々、いろいろと分からないことがあると思います。

自分たちが知財について詳しいのであれば、自分の判断で必要な段階において外部の弁理士等に相談できるでしょうし、相談しないまでも自ら対処できます。

一方、これまであまり知財に携わってきていない場合、どのタイミングで知財について考えればよいか分からない場合があります。

また、そもそも知財についての知識がなかったため既に製品発表等をしてしまい、知財を考え始め、外部の弁理士に相談した段階ではもはや手遅れ(新規性を喪失したため)ということもあります。

ビジネスは一度動き出すと様々なことをしなければなりません。そのような中、知財は意識的に「見える化」しない限り見落としやすいので、ついつい後回しになりがちです。

しかし、ビジネスのなるべく早い段階から知財について考えていないと、上記のように製品発表等により知的財産権として確保すべきものが確保できなくなるだけでなく、競合等の第三者に模倣されることもあります。

例えば、ビジネスの肝であるある製品について本来なら特許を取得できたにもかかわらず何ら手当てをしていなかったために販売と同時に競合に模倣されたり、ノウハウとして秘匿化すべきものを適切に処置していなかったためにノウハウが外部に流出したり等々、後から考えていては手遅れになることが知財には多くあります。

したがって、ビジネスのなるべく早い段階から、知財について検討する必要があります。

この知財についての検討ですが、なにも特許出願や商標登録出願をしなさい、というのでは決してありません。

「知財が事業にどうかかわるのか」を早い段階から考えるというプロセスが重要である、ということです。

このプロセスがあるか否かでビジネスにおいて取れる選択肢が増えるので、市場において生き残っていく確率を向上させることもできます。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。