FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まず始めはアイデアから

 
近年、これまで知財にタッチしていなかった企業さんからの問い合わせが増えています。

その中でよくある話が「アイデアはあるけど、まだモノが出来上がっていない。」というもの。

特許の対象は「発明」ですので、現実に目の前にその発明を実現したプロトタイプなりサンプルがないと特許出願できない、と考えている方が多くいます。

しかし、多くの場合、「現物を作ったことがなくても」特許出願することができます。

特許における発明がどのように完成するかというと、おおざっぱに言えば、「こういうことができたらいいな」とまず思い、「それは、こうしたら実現できるだろう」と考えることで、実は、完成します。

つまり、頭の中で考えただけで発明は完成することになります。

どのような発明をするにしろ、何をしたいのか?ということがまず存在すると思います。

そして、例えば、プログラムやシステムが絡む技術の場合、そのしたいことをどのようにすれば実現できるのかは、実際にプログラムを作成したり、システムを構築しなくても、必要とされる機能は特定できます。

ここで、特許の観点から言えば、どのような言語でどのようなコードを書けばよいかまでは求められません。必要とされる機能が特定されており、その機能を現在ある技術で実現できそうであれば、特許での発明は完成します。そして、その状態で特許出願はできます。

もちろん、構想したプログラムやシステムを本当に問題なく稼働できるようにする際には、実際にプログラムを作成したり、システムを構築し、適切な結果が得られるようにする地道な作業が必要になってきます。

また、機械系の技術の場合、現物を作らなくても「こういう機構にすれば、このような結果が得られるだろう」ということはその道の専門家であれば分かります。

このように、「現物」を作らなくても、いわば「構想段階」で特許における発明は完成し、特許出願することができます。

但し、化学系や医薬系のように、実際に作ってみなければ効果が分からないような技術分野の場合は、現物を作製する必要があります。

技術分野によって異なりはするものの、「現物」がなくても特許出願することができる場合があることを頭に入れておけば、他社に先んじて特許を取得することも夢ではありません。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。