FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リマインド


特許権は特許出願しただけでは取れません。特許に携わる人には常識ですが、「出願審査請求」をしなければいけません。

そして、「出願審査請求」ができるのは原則として出願から3年以内です。

また、国内優先権制度や優先権を利用した外国出願ができるのは、出願から1年以内です。

更に、特許庁において出願が審査され、拒絶理由が通知された場合、その拒絶理由に対する応答期限もありますし、特許権を取得した後は、いわゆる維持年金を決められた期限までに特許庁に支払う必要があります。

などなど、1件の特許出願だけでも様々な「期限」があります。

「期限」を落としてしまうと特許権を取得することができなくなったり、せっかく取った特許権が消えてしまうこともあります。

そのため、「リマインド」がとても重要になってきます。弊所でも行っていますが、ある期限があった場合、その期限の前に数度、お客様に「リマインド」をし、注意喚起しています。

拒絶理由が来ているというような場合等はお客様も気に留めていることが多いのですが、特に「出願審査請求」については期限が割と長いので、これまで特許にあまり携わっていなかったお客様に対しては、何度説明してもしすぎることはないと思います。

弊所では、初めてのお客様には特許権取得までの流れを説明し、その中で「出願審査請求」についても説明しています。

しかし、「初めて」なので説明を1回聞いただけでは、おそらく、あまり記憶に残りません。そこで、折に触れて複数回、説明することにしています。

長く知財業界にいれば「出願審査請求」しなければならないこと等は常識なので気にも留めないかもしれません。

しかし、中小・ベンチャー企業にとって知財というのはそれ程身近ではないことも多いので、対応する弁理士や特許事務所がきちんとフォローすることが重要です。

その様なフォローによって中小・ベンチャー企業の人々も知財について少しずつ理解を深めていくことができるのではないかと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。