カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
中小・ベンチャー企業にとって知的財産権を取得する際の費用は、やはり悩みの種です。

そして、中小・ベンチャー企業であっても、いまや初めから海外に目を向ける必要があるところ、実際に自社製品・商品やサービスを海外で展開する際に、展開先等の国で知的財産権を取得する必要が出てくることが多くなっています。

しかし、海外での知的財産権の取得には多大な費用がかかるので(特許で言えば、一ヵ国当たり100万円以上かかることも!)、中小・ベンチャー企業にとってはかなりきついハードルです。

そこでいろいろな機関が費用面での助成を行っているのですが、ジェトロも行っています(→詳しくはジェトロのHPへどうぞ。2017年5月17日検索。)。

ジェトロでは、外国特許庁への出願料や代理人費用等の助成を行っており、1企業に対する上限額は300万円(ただし、複数の案件を出願する場合であり、特許のみの場合の上限は150万円、実用新案・意匠・商標のみの場合の上限は60万円等になっています。)であり、補助率は1/2になっています。

しかし、注意点は「応募期間」が限定されていることです。

今年は、2017年7月3日~8月4日を予定しているとのことです。

助成金の利用を検討されている企業さんは、上記応募期間を逃さないように、ジェトロのHPのチェックを欠かさないようにしましょう。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/05/17(水) 18:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。