カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
自動車のみならず、様々な交通機関とITとを組合わせ、自動車の「非所有」の流れが強まっているそうです(→自家用車ゼロへ 北欧がしかける「MaaS」革命、2017年5月10日検索。)。コネクテッドカー(ネットに常時接続している自動車)が活用されています。

もう15年以上前になりますが、企業勤めの時に、ある自動車会社の研究所の研究員数名と、私が勤めていた研究所の数名の人間とで(私も含みます)、「近未来研究会」と称し、「国際的な視点で未来の社会(約10年後)を考えた時、我々技術者としていまなすべき事は何か。」と題して研究をしたことがあります。

その当時、私は「消費から利用へ」というコンセプトのもと、自動車会社の人とコンセプトカーを考案し、その車についてプレゼンをしたのですが、ここの所話題に上っている「コネクテッドカー」も同様のコンセプトに基づいているかもしれません。

但し、当時は「コネクテッド」まで発想できませんでした。あくまでも自動車単体での発想にとどまっていました。したがって、提案したのは、あくまで「自動車単体」にとどまっていたのです。

この違いは何かと考えると、あるコンセプトのもと、そのコンセプトに基づいてビジョンを描き、そのビジョンの実現のために努力することがデザイン思考として重要だと思うのですが、このビジョンの設定が甘々だったということです。

「自動車」というと、技術者目線では、ついつい「技術」にのみ目が行きがちですが(しかも、自動車会社の研究者・開発者なら、まず「自動車」自体に目が行きがちです)、自動車が使われるのは「社会」です。「社会」の中でどのような役割を果たすのか?コンセプトを実現するためにはどのような社会を実現すればよいのか?等々を様々なフィルターを外して考えて初めて、実のある提案に結びつきます。

上記研究会において、社会情勢や資源環境等、様々なことを調査したのですが(世界国勢図絵なんてのも活用しました)、それでも結局、社会システムの構築まで考えが至らなかったのは、当時はまだまだ広い視野を持つことができていなかった(鳥の目を持っていなかった)ということが原因の1つだったのだろうと、いまでは思います。

深く技術を探求する事のみならず、広く社会を見渡す目を意識することも重要ですね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/05/10(水) 22:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。