カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

ウォルマートが、「牛乳の賞味期限を追跡」するセンサーを用い、例えば、賞味期限に近づいた牛乳がある場合には、ユーザーに注文を促すリマインダーを発するシステムについて特許出願したそうです(→記事はこちら。2017年5月6日検索。)。

正直、いまさら感がありますが、本当にほしいのはユーザーの嗜好に関する情報なのではないかと思います。

まぁ、その辺はさておき、上記のようにバーコード等の識別標識とリマインドシステム等とを組み合わせるだけでも(特許になるかどうかは別として)発明が生まれます。

実際、何もないところから生まれてくる発明はほとんどなく(もし生まれれば、それは画期的な発明である確率が高いでしょう)、「新たな」発明のほとんどは、既存技術の組み合わせで創出されます。

その組み合わせの際に、なるべく「遠い」概念同士を組み合わせると、「意表」をついた発明になることがあります。「意表」を突く組み合わせを出す際は、例えば、普通は考えない逆のことを考えたり、既成概念という色眼鏡を取り払って物事を考えたりすることが有効なことがあります(特許法上の発明ではありませんが、株式会社いろどりの「葉っぱビジネス」等は、意表を突く組み合わせの例かもしれません。)。

それが実際に特許になるかどうか、あるいは本当にビジネスに結び付くかどうかは別の観点からの検討が必須ですが、「発明を創出する」点に限って言えば、異なる技術同士を組み合わせる、しかもなるべく遠くの技術同士を組み合わせる、ということで「飛躍した発明」が創出されやすくなります(もちろん、どのような価値を社会に提供したいのか?そのために必要な戦略は?等々、様々なことを実際は考えて発明を創出する必要がある点には注意が必要です。)。

それにしてもウォルマートの上記発明も役には立つとは思いますが、実際に毎日料理をする人にとっては、それよりも、冷蔵庫の中にある食材で作れる料理は何か?というのを教えてくれるほうが役に立ちそうですね。これは、クックパッドと連携させれば簡単にできそうですが。。。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/05/07(日) 00:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR