カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
  
特許や商標を初めて出願しようとする際、様々な疑問や不安があると思います。手続も複雑ですし、「拒絶理由通知」という用語を一つとっても、いままで聞いたことがない人からしたら「えっ!拒絶?」とびっくりするかもしれません(言い換えれば、「このままだと」権利になりません、という通知なんです。)。

弊所の現在のお客様のほとんどは、元々、初めて特許又は商標や意匠を出そうと考えていたお客様です。

私としては、もちろん、特許や商標の手続や法的な留意点をかみ砕いて説明するのですが、初めからそのような説明はまず「しません」。

まず何をするかというと、初めてのお客様の場合、一体、どのようなことをやりたいのか?どんなことを目指しているのか?お客様が置かれている環境がどのようなものか?等について確認します(ほとんど、雑談レベルかもしれませんが…)。

しかし、このようなステップを踏むことで、緊張が和らぐのか、お客様が本当にやりたいことが見えてくる場合があります。

実際、特許出願できないか?と訪ねてこられたお客様でも、いろいろお話を伺っているうちに本当の課題が見えてくることがあり、その結果、「それは特許出願しない方がいいですね」とか、「それは著作権の問題になりますね」というような結論になることもあります。

「弁理士」とか「特許事務所」や「知的財産事務所」という単語を見て、なんだか入りにくいなぁ、法律用語なんてわからないなぁ、と思われるかもしれません。しかし、実際は気軽に色々とお話しすればいいだけで、後は弁理士の方がプロの本領発揮、ということになります。

最初の一歩踏み出すのに大きなエネルギーがいるかもしれませんが、一歩踏み出してしまえば、案外スイスイ進むものです。

それを後押しするのも弁理士の仕事かもしれませんね。
今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/05/02(火) 12:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。