カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
青山学院大学の大学院に「デザインの法と実務」という講座があります。縁あって私もその講座に関わっているのですが(ほぼ、生徒状態ですが(^_^;))、次回の講義は私の担当回ということで、いま、資料を作成中です。

とはいえ、昨年も同講座で1回だけ担当したので、その資料をリバイズしています。

この講座の内容、実は本来なら既に書籍になっている予定だったのですが、諸事情により出版が延びに延びまくっています(私もある章を担当していますが、中身は2015年に執筆したもので、いまでは、ちょっと古くなってしまっていますね。。。)。

講座にはデザイナーの先生が参加されているのですが、その先生の実感として、多くのデザインを取り扱う大学ではまだまだ知財に対する意識が低く、多くのデザイナーが知財を自分に関わりのあることだと考えていないとのことです。

これは、かなり由々しきことです。いくらデザイナーが様々なモノ・コトを創作しても、それが自分の手元に残らないことになりかねないからです。

ただ、気を付けなければならないのは、知財といっても「法律」ばかり教えても意味がありません。実際にビジネスをする際、或いはデザイナーが作成した作品を世に出す際には法律だけでは対応できない部分も多いからです。

すなわち、「知財」には、「物(具体的なハードやソフト等)」、「者(関わる人や補完企業等)」、「もの(他の知財、ノウハウ等含む)」が関わっており、ビジネスを考えるなら「ビジネスモデル(=ビジネスシステム+収益モデル)」が更に関わって、これらが互いに結合し、積み重なっているからです。

このようなことまで念頭において伝えないと、「法律って、難しくて面倒くさいな。。。」で終わってしまうからです。

もう少しこのようなことを取り入れた知財の授業が増えればいいのですが。。。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/26(水) 16:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。