カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
知財を扱う場合、知財は競争力の源泉の一つなのでその取扱いはどうしてもセンシティブになります。

特許を出願しようとするときもそうで、発明を的確に特許明細書に落とし込めるか?が非常に重要になってきます。

その際に重要な点は、発明を的確に把握する点はもちろんなのですが、実はその前の段階にあります。

すなわち、発明者や企業の担当者と弁理士との間でうまく、十分にコミュニケーションが取れているか?という点です。

雇われ弁理士時代、大企業案件もあったのですが、中には発明者と直接コンタクトできないところもありました。直接コンタクトすると知財部の立場が・・・ということだったらしいのですが、知財部には知財戦略等、もっと重要な仕事があるのに、、、と思っていました(中には、発明者自身が企業外部の人と会いたくないという例もあったようですが。。。)。

まぁ、それはさておき、きちんとコミュニケーションが取れていないと、発明者や担当者が意図した内容が特許明細書に表れないことになります。

ただ、中には発明者や担当者が忙しすぎて、弁理士との直接のコミュニケーションが取れない場合もあるようです。

しかし、知財を経営資源の核に据えるのであれば、このコミュニケーションをないがしろにしてはいけないと思います。

中にはメールでやり取りすればいいでしょ、と思われるかもしれませんが、実際に発明者とコミュニケーションをとっていると、話の中に様々なニュアンスが含まれており、そのニュアンスを汲み取って弁理士側が発明者の中で明確になっていなかった重要なポイントを引き出すこともあります。このようなことはメールベースのやり取りでは不可能です。

特許出願をはじめ、知財にはお金も時間もかかります。しかし、知財をうまく活用することでビジネスに役立たせることができます。

そのような知財、特に「知財権」を取得しようとする場合は、はじめの一歩が肝心です。そのはじめの一歩において、コミュニケーションを十分にとらないと後々「あんなに費用と時間をかけたのにうまくいかなかった。。。」ということになりかねません。

弊所では(というか、ほとんどの事務所では)発明者や知財担当者と十分にコミュニケーションをとって、その企業さんの戦略に沿った提案をしています。

この「コミュニケーションをとる」時間を作ることが、後々、その企業の知財戦略に大きく影響していきます。この一手間で将来の果実の大きさが変わってくるからです。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/25(火) 12:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR