カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
特許庁では特許審査の質についてのユーザー評価調査をしていますが、年々、質が向上しているとのことです(→特許庁のHPはこちら。2017年4月21日検索)。

確かに、私がこの業界に入ったころの拒絶理由通知は「引用文献1参照。」とかで済まし、どのような論理で拒絶しているのかさっぱり分からないものもありました(中には、コピペミスで、意味不明な文章になっていたこともありました。)。

しかし、いまではそのような拒絶理由はほとんどありません。かなり丁寧に理由付けが書かれています。したがって、拒絶理由に対する応答もしやすいので、特許庁の報告もうなづけます。

更に、報道では(→記事はこちら。2017年4月21日検索。)、コミュニケーションにも重点を置く方針にするとのことです。

拒絶理由を受けた場合、審査官によく面接に行くのですが、特許の審査官の皆さんは既にユーザーフレンドリーな人が多いと思います。今後さらに拒絶対応がしやすくなるのではないかと思います。そうすれば、特許査定の確率も(そして、特許査定になる特許自体の質も)向上すると思います。

しかし、これはあくまで「特許」の話です。商標や意匠の審査の話ではありません。

商標の審査の質に関してアンケートもあります(→HPはこちら。)

それによると、審査の質の評価は高いようです。

しかし、聞いた話ですが、商標審査官の中にはコミュニケーションに疑問符が付く審査官も、たま~に、いるとのこと。商標審査官の場合は特許審査官と違って出願人とコミュニケーションをとる機会があまりないからでしょうか?

ただ、私が携わった商標の案件で審査官にコミュニケーションをとったことがある案件がいくつかありますが、それらの案件を審査していた審査官は皆さん、とても親切でした。

したがって、上記のコミュニケーションに疑問符が付く審査官は、あくまで「例外」だと思いますので誤解なきように。。。

今知的財産事務所
☆調べたら商標審査のアンケートもあったので、記事を修正しました。
スポンサーサイト

2017/04/21(金) 23:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。