カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

10年以上前、まだ雇われ弁理士のころですが、ある企業の研究所の人から「考えたことがパッと表示されるようなデバイス、特許出願できないかな~」と言われたことがあります。

いわば、テレパシー??のように、自分が考えていることが表示されるようなデバイス、ということです。

その当時、イメージとしては脳波を使えばできるかもしれないな、とは思いましたが、当時の技術水準から、実施可能なレベルまで特許明細書に書き込むことはできませんでした(つまり、どうやってやるの?ということです。)。

そこで、頭に思い浮かべたことが自動的に表示されるデバイスを「理想」として位置づけ、そこに様々な限定要素を加え、実現可能であろうレベルまで落とし込んでいきました(こうすればできるだろう、というレベルまで落とし込みました。)。

その結果、「理想」からはかなり遠かったのですが、ある人が入力した情報に基づいて、入力した人がイメージしているだろう画像を出力するデバイスに仕立て上げ、特許出願に持って行ったことがあります(現在、特許として存続中です。)。

ところが、現在、フェイスブックが「頭に思い浮かべるだけで文章が書けるコンピューターの入力技術の研究開発」をしているそうです(記事はこちら。2017年4月20日検索。)。発表したということは、実現可能性がそれなりにある、ということでしょう。

外部から脳の動きを把握して言葉に変換する技術を用いるとのことで、上で述べたような「理想」的な技術の実現も近いかもしれません。

すぐ先の未来の製品・サービス(特に、これからリリースする製品・サービス)について特許出願することで自分たちのビジネスに特許を役立たせるという取り組みが多いと思いますが、中には10年以上先を見越し、コンセプト特許として特許出願を検討することもあります。

もちろん、コンセプトだけで技術的に実現できない場合は権利を取得できないので、技術的に実現可能なところまで「理想」レベルからレベルを下げる必要はあります。

しかし、将来、どのような社会が実現されるのか?を構想し、いま誰も考えていないけど、こういうのがあったらいいよね、というようなことを考えてコンセプトを創造し、そのコンセプトを支える技術面において特許出願を考えることも一部の企業では行われています。

このようなかなり先の将来を考えてなされた特許出願は、もし権利化されれば基本的な特許として将来、市場が創造された時に大きな影響力を及ぼせるメリットがあります。更に加えて、出願公開されることにより、それを見て興味を持った仲間を集める媒体としても力を発揮することがあります。

という点に合わせ、何よりも、そのような取り組みは当事者にとっては「楽しい」取り組みだと思います(もちろん、会社にとってはきちんと成果を出してね、ということは必要ですが、将来の飯のタネにもなりうるわけです。うまくバランスをとる必要はありますね。)。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/20(木) 16:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。