カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
新規事業の源にはいろいろありますが、その中の一つに大学の研究があります。例えば、古い話ですが、豊田合成の青色LEDは赤崎先生の研究がもとになっています(→豊田合成のHPはこちら。2017/4/17検索)。

他にもいろいろあると思いますが、大学の研究が新製品や新サービスの源になることは多々あるでしょう。

ただ、ここで気を付けなければならない点があります。

それが、大学と企業とでは射程が異なる、という点です。

何かというと、大学では基本的に研究が主目的で、必ずしも商業的なレベルまで研究結果を発展させることまで意図していません。中には製品開発レベルまで検討してくれる大学や大学の先生方もいらっしゃいますが、それでもやはり軸足は研究にあり、その研究タームは長期にわたります。

一方の企業は、期間の長短はあるにしろ、最終的には市場に製品・サービスを出すということを考えているので、大学における研究タームよりかなり短いタームで物事を考えています。

すなわち、大学におけるフェーズ(基本的には研究)と企業におけるフェーズ(基本的には開発)とが異なっているだけでなく、体に染みついている時間の感覚も異なります。

したがって、大学の研究を製品開発レベルまで持っていくには、企業側の相当の努力が必要です。

その際には、企業と大学との間で、フェーズの違い、お互いが考えている時間の違い等を擦り合わせる必要があり、この擦り合わせがないと、徐々にお互いの間に摩擦が生じていきます。

大学には様々な新規事業のネタが埋もれていると思いますが、それを事業化しよう、というときには企業側が積極的に大学と企業との間の溝を埋める努力が必要になってくると思います。その際には、その「ネタ」で、どのような社会を実現しようとしているのか、どのような価値を社会に提供していこうと考えているのか「大きな絵」を描き、それを共有することが成功の1つのポイントになってくると思います(その際に、デザイン思考が重要になってきます。)。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/17(月) 17:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR