カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
先日、とあるお客様から相談を受けました。

相談は、あるシステムに関する発明だったのですが、用途自体はもしかしたら新規性はあるものの、元になっているシステムは既存のものでした。

そのシステムをお客様が考えていた用途に適用することに何かハードルはあるのかについてお客様とディスカッションしたところ、特にハードルはないとのことで(私もいろいろシステムを見ていますが、やはり新規性はなさそうでした)、また、その用途に用いたとしても、何か特別な効果が出てくるかというとちょっと微妙だったので、特許は厳しいかな、という状況でした。

しかし、いろいろ話し合っているうちに、そのシステムに用いるデータの抽出の仕方に大きな特徴があるということが見えてきました。

では、その抽出方法について特許出願か?というと、この案件では、特許出願をしないようにと、アドバイスしました。

というのも、そのデータの抽出方法は、一度世に出てしまうと誰もが「あぁ、そうか!そのやり方がいいのか!」と分かってしまうようなやり方であり、そのお客様はこれまで数年間、そのデータの抽出方法を用いてデータベースをコツコツと構築していたので(このデータベースは世に出ていません)、これは、いわゆる営業秘密として秘密にしておいた方がよい、という判断になったからです。

ただ、そのシステムに名前を付ける場合、商標はそのシステムをリリースする前に出願した方が無難ですよ、とアドバイスしました。

商標の場合、特許や意匠と違って「新規性」は必要ないので、本来はリリース後でも出願できるのですが、最近は少しでも報道されてしまうと、先取り的に商標登録出願してしまう第三者がいるためです(困ったものです)。

それはそうと、特に中小・ベンチャー企業さんは特許に慣れていないと思うので、秘匿化しておいた方がよいものまで特許出願してしまわないように、弁理士とはよくディスカッションすることをお勧めします。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/11(火) 16:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。