カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
知的財産権の取得・維持には費用がかかります。その一方で、知的財産権により経営上、どのような効果が出るのかについては見えにくいことが通常です。

したがって、費用がかかるお荷物に見られがちです。

しかし、このような見方は「受益」、つまり、自分たちがいかにして利益を得るのか?その利益を増大させるにはどうするか?という観点からの思考に偏っているのではないかと思います。

では、思考の偏りをなくすにはどうするか?

それは、「与益」を考えるということです。すなわち「与えるべき利益と用役を増大させる」※1という考えを軸におく、ということです。そうすることで、「与益から生じる受益を最適にする」※1という視点、つまり、巡り巡って自社に利益が返ってくる、という循環型の視点を持ったうえで、ビジネスシステムを構築することが、知財をうまく活用するための第一歩だと思います。

ドラッカーも「顧客はだれか?」を考える重要性を説いていますが、これも、ある意味「与益」を考えることに通じるのではないでしょうか。

現在、ある意味、流行りの多くの知財経営コンサルティングは、知財で利益を得る、というように、どうすれば自社が儲かるか?という視点に偏りすぎている気がします。

もちろん、利益を出す、利益を増大させるという点が重要であるのは当然です。

しかし、知的財産は社会に有用な価値をもたらすからこそ尊重される財産になり得るという面があり、また、もしイノベーションを興そうとするなら、正しいイノベーションの意味※2を考えれば分かるように、「与益」という観点がまず来なければイノベーションも起こせません。

この観点が抜け落ちてしまうと、早晩、(間違った)知財経営は行き詰まるのではないかと思います。

『与益』という観点から経営戦略を再検討する必要が、今後、出てくるのではないでしょうか。

そして「与益」を考える際、デザイン思考が重要になってきますが(デザイン思考について述べた本(共著)が出る予定なのですが、なかなか出ません…)、それは別の機会に。

今知的財産事務所


※1 菊池純一(2009)『経営に役立つ知財戦略 -なぜ、与益主義のシステムを提案するのか-』、特技懇(No.255)、27-35頁(2009年11月)
※2 世の中に社会や生活を変えるような新たな価値を提供し、社会にその価値が広まって初めて「イノベーションが起きた」と言えます。したがって、新技術を開発しただけではイノベーションになりません。
スポンサーサイト

2017/04/10(月) 14:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。