カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
まだ満開ではありませんが、桜も開花し、ようやく春らしくなってきました。

桜を見て「春らしい」と思うということは、ちょっとブランド的な面もあるかもしれません(桜の場合、特定の人のブランドではないですが。)。

以前、元々は商標の相談で来られたお客様でしたが、いろいろお話を聞くうちに、あるコンセプトに基づいて検討されている商品に、技術的な側面がある点が分かりました。

そこで、以下に述べますが商標だけではブランド構築における実体を守ることができないので、特許も検討できないか?ということになり特許出願もしました。

これまでその業界ではそれほど知財、特に特許に対する関心は高くはなかったのですが、そのお客様がその商品についてある展示会に出品した際、「これ、特許出してるのですか?」とこれまで受けたことのなかった質問を多数受けた、とのことでした。

これまで特許に関心がなかった分野でも、徐々に関心が出てきたのではないでしょうか(そして、それだけ魅力的な商品だからこそ、そのような質問が来たのでしょう。)。

その商品の技術的な特徴は、ある意味、パッと見である程度把握できます。商品名は商標でおさえることができたとしても、商品自体は商標では基本的におさえることができません。

とすると、名前を変えて商品が真似されるとブランド構築にも悪影響が出てしまいますが、特許でその商品をおさえることができれば、ブランド構築にも有効に活用できます。

つまり、ネーミングについて商標権を取得するだけではブランド構築はできません。

以前、当ブログでも書きましたが、ブランドは「顧客との約束」です。

まずどのようなことを約束できるのか?を考える必要があります。その上で、その約束を実現するために必要な「実体」は何か?その「実体」を実現するために必要な技術は何か?と考えると、その技術が特許の対象になる場合もある、ということです。

この「実体」をきっちり自分たちでコントロールできるようにしておかないと、ブランド構築もままなりません。そして、その「実体」について特許権や意匠権、場合によっては著作権がもしあれば、ブランド構築を強力に押し進めることもできるのではないでしょうか。

桜を見て「あ~春だね~」と人々に想起させるレベルはとても難しいですが、商標を見た人々に少しでも自分たちの商品・サービスを関連付けてもらえるようにするためには、商標以外の知財もうまく組み合わせて活用することも一手です。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/04/03(月) 12:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR