カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
特許や商標について権利を取得すると登録証が特許庁から送られてきます。苦労して権利化に成功し、初めて手にした場合は、ちょっと感動するかもしれないですね。

さて、私は企業勤めの後、特許事務所に入り、2011年1月にいまの事務所を立ち上げて独立したのですが、実は、独立前は恥ずかしながら、実際の特許証や商標登録証を見たことがありませんでした。

というのも、昔勤めていた特許事務所では、特許等の書類を作成する人たちと事務の人たちとは分業されており、定型的な事務手続はすべて事務員さんが行っていたからです。

定型的な事務手続には登録証の受領や顧客への郵送等も入っていますので、これらを事務員さんが行っていると、必然的に私の所へは登録証は回ってこないわけです。

私の所へは、せいぜい、登録査定が来た程度の連絡ぐらいで、その先の登録料納付や登録証の受領、及び顧客への発送はノータッチでした。

ですので、独立して初めてお客様の特許証、及び商標登録証を手にしたときは、「おぉ、これが登録証か~」と思ったことをよく覚えています。

しかも、特許証と商標登録証とでは、紙の色が違うこともその時初めて知りました。

特許証の紙の色はクリーム色っぽい色なのですが、商標登録証は白色です。考えてみれば、商標には図案化された標章や色が施されたマーク等があるので、紙に色がついていてはまずいわけですね。

とまぁ、いまとなっては笑い話ですが、特許庁から登録証が送られてくるたびに、独立当初のことを思い出します。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/03/27(月) 22:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。