特許調査の効果の一側面

特許調査、仕方なくやっていませんか?

例えば、いま考えている発明に新規性があるのか、自社の技術が他社の特許権を踏んでいないのか、あるいは自社技術が基本特許になりそうか等を検討する必要があるからと知財部等に言われ、特許調査が要求されると思います。この場合、自分たちの技術に自信があればあるほど、調査をないがしろにしがちになりそうです。

しかし、出願から1年6か月経過後にならないと出願公開されないというタイムラグはありますが、継続して調査することで得られる効果があります。

その効果、何かというと、その技術分野の技術水準がどの程度のものであるのか、そして、どのようなポイントが特許として有効かについて鼻が利くようになるというものです。

特許調査により抽出された先行技術について特許出願時の特許請求の範囲と特許査定時の特許請求の範囲とを見比べると、どのような限定を付加して特許になったかが分かります(もちろん、出願時の特許請求の範囲のまま特許になるものもありますが)。

この「付加された部分」をつぶさに見ていくことで、技術水準を把握できるだけでなく、特許になるポイントも分かるようになります。

但し、1回だけ調査すればよいというものではなく、継続的に調査していくことが必要です。特許出願は日々、積み重ねられていくからです。

この様な特許調査は本来、開発者自らが行うのが理想です。なぜならば、そのような鼻が利くようになれば、開発時に出されるアイデアの確度が上がるからです。

しかし、実際は時間的制約があるので、外部に依頼することもあるでしょう。

そうではあっても、調査結果はできる限るよく読んでおくことが有効です。そうしないと、鼻が利くようにならないからです。ただし、その場合、「このような点がポイントになる」というようなコメントがある調査報告書でなければなりません。単に要約や図面、そして請求項の一部をコピペして列挙しただけの報告書では、読む気にならないからです(→あまり参考にならないかもしれませんが、弊所の調査報告書の概要はこんな感じです→サンプル。)。

また、このような効果が得られることを考えると、特許調査にかける費用はコストがかかる、というよりは開発における「投資」とも考えられます。

よって、特許調査の意義は初めの方で述べた他社の特許権を踏んでいないかどうか等を確認するだけではないということになります。

特許調査を継続して行い、技術水準の把握と特許になるポイントがどこかを見ていくだけでも、人の頭の中には様々な「知」が蓄積していきます。特許調査について面倒だと思うかもしれませんが、結構、役に立つ効果もあるということを頭の片隅に置いておくといいかもしれませんね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR