カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
これから出願しようとする発明や商標について、既に誰かが出願していたり権利を取得していたりすると自分たちは権利を取得できません。

そのため、出願に先だって調査をするわけですが、調査をする際に忘れてはならない点の1つに、タイムラグがあります。

タイムラグには2つの意味合いがあります。

まず、仮に今日出願した特許や商標があっても、それらはまだ公開されていない、つまり、公開までに時間がかかるというタイムラグです。

特許の場合、原則として、出願から1年6か月経過した後でないと公開されず、商標の場合は出願からおよそ1ヶ月程度経たないと出願内容が公開されません。

したがって、今日検索して何も引っかからなかったからと言って、自分たちの発明や商標がまだ誰も出願していない、とは言い切れない点に注意が必要です。

そして、もう一つは、調査完了時点から実際に出願するまでの時間です。

常に知財に携わっている人なら分かり切ったことなのですが、調査時点と実際の出願時点との間の時間が長ければ長いほど、その間に新たに公開される特許や商標の数が多くなります。

そうすると、調査結果では何も引っかからなかったとしても、調査時点から出願時点までの間に新たに公開された特許や商標に引っかかってしまう、という可能性があります。

したがって、調査が完了したらなるべく間をおかずに次のステップに移るか、念のために再度の調査をする必要が出てきます

特に競争の激しい分野では注意が必要なことだと思います。

再度の調査といっても、出願直前の時点と調査時点との差分を取ることができますので、一度調査をしておけば、再度の調査はそれほど時間はかからないことが多いと思います。

このような2つのタイムラグには注意しておく必要があります。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/03/15(水) 22:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR