カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

J-PlatPat、現時点(2017年3月15日16時時点)でまだダウンしたままですね。

ところで、インターネット上で特許や商標等の公報自体は発行されています(したがって、公報は「不特定の者が見得るような状態」におかれていますので、J-PlatPatで見れなくても、頒布された刊行物になっていますね(^_^;))。

それが、「インターネット利用による公報発行サイト」です。
(HPはこちら→インターネット利用による公報発行サイト

ただ、データをダウンロードできるにはできるのですが、決して検索用ではありません。それに、データをダウンロードできるといっても、特許なんかはとてもすいすいダウンロードできるサイズではありません。

また、ネット上で公報を選択できるようになっていますが、その時指定できるのは番号(登録番号や権利者の識別番号、代理人の識別番号)だけで、とても検索向きではありません。

データをダウンロードすれば少し検索の幅が広がりますが、例えば、商標では、称呼検索ができません。できるのは、出願番号、区分、指定商品役務、そして、出願人や代理人の氏名等での検索だけです。

したがって、例えば、ライバル企業の動向を知りたいという特定の場合であれば、公報発行サイトで公報を見ることができますが、通常の検索用途では使えません。

それにしても、こんなに長期間ダウンするのはこれまでなかったのではないでしょうか?にもかかわらず、ほとんど報道されていないのは不思議です。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/03/15(水) 16:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。