カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
中小・ベンチャー企業さんが新製品・サービスをリリースするときだけでなく、新会社を設立するときも、やらなければならないことは多岐にわたります。その中で知財も考えなければならないとなると、「やってられない、後でいいや」と後回しになりがちです。

しかし、デザインや技術的アイデア等の知財は、物理的なものとして自分が占有することはできないので、いったん世の中に出れば誰もが模倣可能な状態になってしまうということを忘れてはなりません。

実際、ある会社さん(A社さん)が、これまでにないデザイン(よーく検討すると、機能的な特徴もあり)の商品を世に出しました。A社さんは中小企業でマンパワーも少なく、知財も特に重要視していませんでした。

そして、世に出したその商品、結構評判がよく徐々に広まっていったのですが、世の中に広まったとたんに模倣品があちこちから出てきました。

模倣品が出るということは、世の中に受け入れられている証拠だから、まぁいいか、とA社さんは思っていたのですが、ある日、全く関係のない第三者のB社から「おたくのその商品、うちの模倣じゃないの?」とクレームを受けたのです。

A社にとっては「はぁ?」って感じですよね。

仕方がなくA社は、世に生み出したのは自分であるという証拠をかき集め(展示会資料やパンフレットなど)、B社を追い払いました(幸い、B社が何も権利を持っていなかったので、これだけで済みました。)。

この例は追い払えたからよかったのですが、これまでにないデザインに関する知財権(例えば、意匠権、機能的な部分は特許権も考えられます)を取得しておいたり、もし著作権が発生するようなものであれば、著作権が自社にあることを明記しておけば、B社のような会社からクレームを受けて、色々な証拠をかき集めてB社に示すという労力をかける必要はなかったかもしれません。

A社さんのいる業界はあまり知財に対する関心が高くはない業界だったのですが、A社さんは「このまま無関心でいてはいられない」と思い、新しいことに着手しようとするときにはまず弁理士に相談する、というステップを取ることにしました。

そのため現在では、新しいモノ・コトについて知財面からはどう捉えることができるのか?お金をかけて権利取得に踏み出すべきか否か?ノウハウとして考えるべきか否か?等々、事前検討し、ビジネスに知財をうまく埋め込もうとするようになっています。

なお、上の例では、知財権を取得しておけば、他社の模倣を抑えることができたかもしれません。

「模倣ぐらいいいよ」という場合もあるかもしれませんが、その前提には、模倣品も品質が良い、という前提があるのではないでしょうか?

もし、自社商品の知名度が向上した段階で粗悪品が出てきた場合、知財権がないと模倣をストップさせることができないだけでなく、模倣品の悪評が自社に降りかかってしまうこともあります。

自社の評判が落ちないようにするために、知財を1つの手段として考える必要性が、ここに出てきます。

とはいえ、マンパワーが不足している中小・ベンチャー企業さんやこれから会社を立ち上げようとしている人々には、そんなことまで気が回らないのが実情だと思います。

そのような時は、「小回りが利く小さな」事務所の弁理士に相談するといいと思います。

一般的な中小企業とは異なり、知財業界では所員が何十名とか100名以上いるところはそれだけで「大」事務所で、大企業の大量の仕事を効率よくこなすことに適していますが、1件1件にかける時間は限られてきます。一方、「小さい」事務所の弁理士は1件1件にかなり時間をかけることができます。

また、弊所のように中小・ベンチャー企業さんがメインのお客様である場合、その企業さんがどのような戦略でどういったことをやりたいのか?その企業さんが現在考えているビジネスが将来的にどうなるのか?等々、MOT(技術経営)的なことも含めてディスカッションし、知財関連の仕事を引き受けます。その結果として1件1件に掛ける時間は長くなりますが、(それなりに)お客様は納得され、いわば、弁理士を外部の知財部として仕事を任せる、というような状態になります。

それはともかく、やはり、新しい商品・サービスを早く世に出したい!とはやる気持ちをちょっとだけ抑え、将来のことを考えて、このまま出していいのか?知財って考えなくてよいのか?と、一度だけ立ち止まって考えてみると、後々、その商品・サービスが自社ビジネスにとって本当に有用な武器になるかもしれません。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/03/09(木) 15:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。