カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
知的財産の世界で「デザイン」というと意匠がすぐ思い浮かびます。デザインについて権利がほしいときは、意匠登録出願をし、意匠権を取得するという道を考えることになります(もちろん、機能的に特徴があれば特許も考えられます)。

ここで、意匠登録出願をしても、既に同一の意匠が存在していたり、類似の意匠が存在している場合には登録されません。

その場合、特許庁から、同一の意匠や類似の意匠が既に先行意匠として存在していますよ、という拒絶理由通知書が来ます。

この「先行意匠」、先行する意匠登録の意匠公報である場合もありますが、何も意匠公報だけが先行意匠の文献になるわけではありません。

外観デザインが表れている文献であればどのようなものでも先行意匠が載っている文献になる可能性があります。例えば、「特許公報」がその例です。

「自分は意匠を出しているのに、なぜ特許なんかで拒絶するんだ!」と思うかもしれませんが、特許公報にも物品の外観デザインが分かる図面が載っている場合があり、そのような特許の図面も「外観デザイン」という点で先行意匠になるのです。

もちろん、意匠公報や特許公報だけでなく、国内外の書籍や雑誌、パンフレットやリーフレット、そしてインターネット上の資料も対象になります。

結局、外観デザインが表れている文献であれば何でも、先行意匠の対象になるというわけです。

したがって、各種知財を検索できる特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)で先行登録されている意匠を調べることはできますが、J-PlatPatに載っていないからといって、必ずしも自分が考えたデザインに新規性等の登録性があるとは限らない点には注意が必要です。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/02/19(日) 00:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR