カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
先日の記事にも書いたように、近年、弊所ではデザイナーさんやデザイン会社さんとのお付き合いがあります。

デザイナーさんとお話しする中で、知財に対する意識が高いデザイナーはまだまだ多くはない、ということが話題に上ることがあります。

以前、青山学院大学のビジネスロー・センターの特別研究員をしていた関係で知財とデザインに関する授業に参加したことがあるのですが、その授業にいらっしゃったデザイナーの先生も、多くのデザインを教えている大学等で知財をきちんと教えていない、と嘆いていました。

そのような状況なので、デザイナーが苦心して創り出したデザインが簡単に模倣される、という状況が起こっています。つまり、何も手当てせずにそのデザインを有する商品を市場に投入した結果、売り上げが立たないうちは特に真似されるということがなかったのに、売り上げが伸びて来た時に、あっという間に真似されてしまった、ということが多々あります。

ここで、デザインを保護する権利として「意匠権」があります。

「意匠権」でデザインを保護する、ということで万全か?というとそう簡単にはいかず、全く同一のデザインならともかく、ちょっと変えたデザインが類似であるか否かという判断が微妙な場合があり、簡単には模倣者をおさえることができません。

デザインというと、どうしても外観デザインやスタイリングデザインに目が行きがちです。

外観デザインやスタイリングデザインにおいては、もちろん「見た目」に特徴があることが多いので、一目見てどのような特徴を有するデザインであるかが分かります(だからこそ、簡単に真似できるわけです)。

しかし、デザインをよく見ると、中には「見た目」だけではなく、何らかの機能を併せ持ったデザインもあります。その「機能」を「技術」という切り口でよく見ると、何らかの「技術的なアイデア」が隠されている場合があります(初めから「機能」を意識してデザインすることもあります)。

そのような場合はより概念的な保護が可能な「特許」で何とかできないか?と考える余地が生まれます。

「デザイン」の場合、通常はそのデザインが表された商品を見れば、どのような特徴(デザイン的特徴も技術的特徴も)があるのか、特別な分析をしなくても分かってしまうことがほとんどでしょう※。

とすれば、そのデザインをよく見たときに技術的特徴があるのであれば、第三者の模倣を防止するために特許出願し、権利化を目指す道も考えられます。

実際、例えば、三宅一生さんは「プリーツ製品の加工方法」という特許(特許3057361号)や「衣服」に関する特許(特許4625878号)を持っています(「プリーツ製品の加工方法」は既に権利が消えています)。

知財の中でも特許は技術のイメージが強いので「自分には関係ない」と思っているデザイナーさんは多いと思います。

ところが、デザインを「機能」という側面で眺めてみると、実は特許でとらえることができる面が見えてくることがあります。

もちろん、デザインは一見して分かりやすいので同一デザインに対しては「意匠権」は強力です。しかし、機能的なデザインの部分は、より概念的なアイデアとして保護できる「特許権」も有効なツールだと思います。

デザインを考える際、「機能」を意識してみてみると、これまでとは違ったものが見えてくるかもしれません。

今知的財産事務所
※一般的に、製品・商品を市場に出した場合、その製品・商品を手にした第三者がリバースエンジニアリング等の分析により技術的な部分について簡単に分かってしまうというような場合は特許出願し、分析しても第三者に把握されない部分は秘匿化する、ということが行われています。

というのも、特許出願すると、特許出願書類に記載した事項は、原則として、出願公開により全世界にフルオープンになってしまうので、ノウハウや分析しても分からないような部分(例えば、機械製品であれば、使用している潤滑油や接着剤の原料であったり、製造工程におけるノウハウ等)は特許出願書類に記載しないようにする必要があるからです。

もちろん上記以外の理由、特に、ビジネスにおける知財戦略の関係で、秘匿化する部分としない部分とを決定することも行われています。
スポンサーサイト

2017/01/10(火) 22:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR