カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村

最新トラックバック
FC2カウンター
 
バーチャルリアリティがここのところかなりの勢いで進展しています。各社から様々なハードウェアが発表されており、この勢いはこれからも加速していくのではないでしょうか(→例えば、こちらのニュース参照。2017年1月8日検索。)。

ただし、本当に加速するか否かは、ハードだけでなく、ソフト面、すなわち「コンテンツ」次第だと思います。

どんなに優れたハードであっても、それを活かすコンテンツがなければ意味がないからです。

ゲーム分野で様々なコンテンツが出ています。面白そうなものも多いのですが、レース系のものだと「バーチャルリアリティ酔い」がちょっと問題になったりします(私も、お客様のところで少し試したのですが、結構、きます(^^;))。

一方で、ゲームではなく、VRで戦艦大和に乗船できる!ものもあります(→こちらに紹介されてます。)。今までできなかったことを仮想とはいえ疑似体験できるという点で、VR用コンテンツの今後が楽しみです。

この様にコンテンツも続々出ている状況ですが、ハードの性能向上に伴ってこれまでできなかったこともできるようになり、今後、ますます進展するのではないでしょうか。

ところで、開発時に注意する点としては、ハードでできることに縛られてしまわないようにすることでしょう。

もちろん、最終的にはハードの性能に制限されはするのですが、初めからハードありきで制限をかけてしまうと、こじんまりとしたコンテンツしかできない、ということになりがちです。したがって、まず初めに「やりたいこと」を考え、それをVRで実現するにはどうすればよいか?というステップを踏むことが良いのではないかと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2017/01/08(日) 23:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR