カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
 
特許庁の一部部署が六本木仮庁舎に移ります(情報はこちら)。
特許庁庁舎の改修のためとのことです。
地図を見ると六本木一丁目駅から直結した場所に移っていますが、虎ノ門や溜池山王からはちょっと遠くなった感じですね。

こんな話をしても多くの方にとって「ふーん」ぐらいの感想しかないと思いますが、私のような弁理士は特許庁に結構よく行くので(しかもお客さん同伴で)、ちょっと不便かな、と思います。

特許庁へは、特許出願の審査において拒絶理由を受けた際、拒絶理由を通知した審査官と面接するために行くことが多いです(他にもいろいろと紙の書類を出しに行ったりします)。

特許は特許出願しただけでは権利は取れず、必ず審査を経る必要があります。その過程において、拒絶理由が通知されることがあります。多くは、書面でのやり取りだけで対応するのですが、場合によっては審査官に直接会って、技術内容等を説明するという面接をすることがあります。

私は独立以降、面接を多用しています。そのため、特許庁に行きづらくなるのはちょっとなぁ、と思ったわけです。

この面接、かなり有効です。

拒絶理由が来た場合、特許庁に意見書・補正書を提出して拒絶理由に反論するのですが、面接を活用すると、意見書・補正書の提出をする前に、審査官がどのようなことを考えており、どのような対応をすれば特許になるか?を把握することができるからです。

私は特に弁が立つ方ではないので、面接では、背景技術、技術内容、引用文献との差異、拒絶理由がないことの論理等々、単に愚直に説明するだけですが、それでも実際に審査官と話をすることによって、審査官も疑問点をクリアにすることができますし、出願人側としてはどうすれば特許になるのかについてあたりをつけることができます。

実際、独立してから面接を経た案件は、いまのところ、すべて特許になっていますので、面接の効果は絶大です。

審査官も常日頃は机で仕事をしているので、たまに外部の人間と会うことで息抜きになったりするかな?と勝手に思ったりもしています。

それはともかく、確実に権利をとりたい!といった場合は、審査官面接を活用することは必須ですね。

今知的財産事務所

スポンサーサイト

2016/12/20(火) 11:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR