カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
中小・ベンチャー企業の方が初めて特許事務所や弁理士に何か頼みたい、と思う場合はどのような状況でしょうか?経験上、結構、切羽詰まった状態で相談される場合が多い気がします。

初めて「知財」を意識する場合、何らかの製品・サービスを思いついたり、これから実際に事業化するような場合に、どこかで聞いたことのある「特許」や「商標」を考えていないとまずい!との考えから、特許事務所や弁理士事務所の扉を叩くことが多いのではないでしょうか。

ここで、持ち込まれた案件を多角的に把握して、「これは特許ですね」、「商標を検討した方がよいですね」、「ライセンス契約はどうしましょうか」とか、「他にも著作権を検討する必要がありますね」というようなアドバイスを普通の弁理士なら誰もがします。

しかし、実際問題、それだけではビジネス上、だめな場合が多いです。

上記において何が欠けているか?

それは、顧客の「想い・ビジョン」がどのようなものであるかを把握する点が欠けていることです。

そして、「想い」が実現されている場合のビジネスのシーンがどのようなシーンであることが望ましいかを検討すること、現状とそのシーンとのギャップを把握すること、そして望ましいシーンが実現されている場合のビジネスの流れを把握することも欠けています。

これらの点を「顧客に聞く」ことで把握・検討し(場合によっては想像し)、ギャップを埋めるために実際に持ち込まれたモノだけでなく、どのようなモノ・コトが将来の望ましいシーンの中でどのように機能しているか(あるいは機能させるべきか)を考えると共にビジネスの流れを把握し、その上で知財面で必要な対応をする、ということが真に有効な対応でしょう。

そうなると、場合によっては特許や商標の出願ではなく、契約が非常に重要であり、弁護士さんに初めから入ってもらうことが必要であることが分かったりします。

世の中には、様々なアイデア出しや知財創出の手法がありますが、上記のような点を抜きにしてそのような手法ばかりに頼っても、顧客の役に立たないことが多い気がします(例えば、相談を持ち込んだ場合にビジネスの流れの把握もせずに「変形例」を挙げてくる場合は要注意かもしれないですね。)。

結局、中小・ベンチャー企業の顧客の話(想い(思いではなく)を含めて)をよく聞くという姿勢が重要なのだと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/12/01(木) 14:19 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。