カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

弊所では『コンセプトの知財による保護』を念頭に置いたサービスを提供しています。

実際に物理的なものがない段階であっても、しっかりしたコンセプトを創造し、そのコンセプトの核となる部分や重要な部分について知財化(※1)し、知的財産権化(※2)を図る、というサービスです。

実際、デザイン会社さんやベンチャー企業さんなど、何社かのお客様の案件で上記のような取り組みを行い、知財化、及び知的財産権化に向けた取組みを進めています。

その際は、アイデア出しやコンセプト創造段階から弊所も関わって、いわば二人三脚状態で進めています。

もちろん、結果を出すためには、更に、顧客創造をする必要があります。確かに、この点は非常に難しい点です。

コンセプトの知財による保護の場合、往々にして顧客は顕在化していません。

潜在的な顧客にどうやって価値を提供していくのか?どうやって価値に気付いた顧客から更に広めていくのか?という点は、知的財産権のみで解決できるわけではなく(その際に知的財産権は「ツール」として使うことができます)、また、時間もそれなりに必要なので、これから着実に歩みを進めていく必要はあります。

しかしながら、『コンセプトの知財による保護』は、工夫次第で非常に有効な武器として用いることができそう、というのがここ数年の取り組みで実感しています。

特に某デザイン会社さんや某面白いものを作ろうとしている会社さんとの取り組みでは、「そのような視点があったのか!」と新鮮な驚きと共に、「そのコンセプトからこのような商品が生まれるのか!」ととても面白く、弁理士としてもやりがいがあります。

今後は、コンセプトから新たなモノ・コトが出てくることが主流になってきそうです。

※1 知的財産を客観的に把握できる状態・形にすることです。
※2 知財化したものを、特許権、意匠権、及び/又は商標権の形にすることです(知財化したものすべてを権利にするわけではありません)。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/11/02(水) 18:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR