カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
ベンチャー企業や新たな事業を開始しようとしている企業は、やはり何らかの得意技術や得意なサービスを持っていると思います。その得意技術・得意サービスを活かして新規事業を始めようと思い立つことは特別なことではないでしょう。

ただ、ここで、社会の存在を意識して、時間的・空間的な「広がり」を意識するということも重要です。

この「広がり」を意識しておかないと、ついつい、いまある技術・サービスでできることにのみ集中してしまいます。スタート当初はそれでもよいかもしれません。しかし、継続性を考えた場合、下手をすると一発屋で終わってしまうかもしれません。

もちろん、結果としていまある技術・サービスでできることに落ち着くかもしれませんが、例えば、いまある技術・サービスの「適用の仕方」を少し変えることでも、これまでなかった価値を誰よりも早く社会に提供できる場合もあり、それが継続性を持った事業として成り立つ場合もあります。

つまり、新たな技術・サービスは、社会・市場に価値提供できてこそ意味があるビジネスとしてなりたちます。したがって、新たな一歩を踏み出す前に(あるいは踏み出すと同時に)、「広がり」を意識して自分たちが保有する技術・サービスの使い方を検討することが、後々、大きな果実となって自分たちに戻ってくるのではないでしょうか。

色々例があると思いますが、例えば、「株式会社いろどり」さんの葉っぱビジネスはよい例かと思います。

社会にどのような価値を提供するのか・したいのか、をまず明確にすると、それに必要な技術・サービスが何か、そこに潜む知財が何か、その知財をどう活用できるのか(秘匿化するのか権利化するのか等々)等を確度良く考えることができます。

弊所ではこのような「最初の一歩」を踏み出すベンチャー企業様や、ベンチャーではなくても新規事業を立ち上げる中小企業様向けのサービスを提供し始めており、更にサービスの発展のために日々、検討しています。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/09/12(月) 13:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。