カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
ベンチャー企業にとって注意しなければならない点としては様々なことがありますが、その中の一つにコーポレートブランドがあります。

将来さまざまな製品やサービスを提供していくとしても、「コーポレートブランド(企業名)」は初めに決定したら、そう簡単には変えることはないでしょう。

顧客に提供する製品やサービスがいろいろあり、それぞれ異なる名称であったとしても、コーポレートブランドは同一です。

このコーポレートブランドは使えば使うほど、「あの企業の製品・サービス、いいんだよね」ということになり、価値が高まります。
(もちろん、前提として顧客に受け入れられる製品・サービスを適切に提供し続けていることが必要です)

すなわち、どんどん信用が高まっているといえます。

しかし、この信用を守るためには一工夫必要です。

なぜならば、企業名について何ら法的保護による対策をしていないと、第三者が自分たちの名前を勝手に使ってしまうことがあるからです。その第三者が粗悪な製品・サービスを提供していた場合、自分たちは何も関係ないにもかかわらず、あたかも自分たちの製品・サービスが粗悪であるという印象が世の中に広まり、せっかく高まった信用が台無しになってしまいます。

そこで「商標」を活用することが重要です。

最近、先取り商標の問題が報道されていますが、商標権を取得するには誰よりも早く特許庁に出願しなければなりません(先願主義といいます)。たとえ自分が頭をひねって生み出した名称をコーポレートブランドとして用いていたとしても、誰よりも早く商標登録出願しなければ自分の権利にはなりません。

したがって、商標登録出願せずにコーポレートブランドを公表してしまうと、商標を先取りして売りつけようとする第三者が先に商標登録出願してしまう可能性があります。

そのため、特にベンチャー企業の場合、事業の立ち上げ時に「商標」に気を配ることが必要です。

それでは、「商標」さえ取得すればそれでよいのでしょうか?

次回は、商標に絡めて他にも重要な点があるので、その点を考えたいと思います。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/07/05(火) 14:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。