カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |

名古屋商工会議所が、地域の中小製造業の工場見学を新たな観光資源にするため、情報発信や集約を行う新組織を年度内に立ち上げるそうです(→記事はこちら。2016年4月20日検索。)。観光地と中小企業の工場見学とを組み合わせることで、新たなビジネスチャンスが生まれる可能性が高まります。

観光地と中小企業とを結びつける取組みだけでなく、更に他の取り組みと中小企業とを結びつける取組も有効だと思います。

例えば、東京は特にそうですが、各地では年間を通して数多くの国際シンポジウムが開かれます。

しかし、日本の場合、単にシンポジウムを開いてそれで終わり、というケースが多く見受けられます。あったとしても、シンポジウム後にちょっとした懇親会を開くぐらいでしょう。

せっかく各国から様々な人が来ているのに、これでは何とももったいない気がします。

シンポジウム会場周辺には、様々な観光スポットがありますし、東京なら大田区に中小企業が集まっています。大田区などは「おおたオープンファクトリー」といって、地域ぐるみで工場見学・体験ができるイベントをしています。

シンポジウム後に会場周辺の観光スポットを回るツアーを企画したり、大田区のようなイベントとコラボすれば、シンポジウムに来る人にとっても興味深いのではないでしょうか。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/04/20(水) 21:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。