カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター

Apple WatchやGoogle Glassなど、ウェアラブルデバイスに関する製品開発や技術の研究が進んでいます。

オムロンヘルスケアが血圧の変動を常時監視する腕時計型のウエアラブル機器を開発したそうです(→記事はこちら。2016年4月18日検索。)。

血圧変動を常時監視することにより、脳卒中等の異常を検知するシステム開発を視野に入れているそうです。システムとしては電子カルテ等との連携もできそうです。

一方、東大が、皮膚に貼れる柔軟性を有する薄型の有機LEDを開発しています。「人間の皮膚の表面のように複雑な形状をした自由曲面にもぴったりと貼り付けることができ、ディスプレイやインディケータとして使うことができる」とのことです。

更に「緑と赤の有機LEDおよび有機光検出器を集積化した30μm厚のパルスオキシメータ(超柔軟フォトニックスキン)を作製。これを指の先端に巻き付けることによって、脈拍や血中酸素濃度(測定範囲は90~99%)を安定的に計測することに成功」したということです(→記事はこちら。2016年4月18日検索。)。

オムロンヘルスケアの方は圧力センサーを使っていますが、これに東大の技術を組み合わせれば、対象者の健康状態がより細かく分かるかもしれません。

対象者になるべく負担をかけず(できれば、意識させず)、それでいてしっかりとした健康管理をする1つの解決策として、これらのウェアラブルデバイスが役に立つ日が近い将来、来そうですね。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/04/18(月) 22:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR