カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
発明が創出される1つのきっかけが「課題」を見つけられるかです。従来技術では何らかの問題があり、それを解決しなければ有益な価値が得られないような場合、その問題を解決するアイデアが発明になります。

ただ、従来技術の問題(欠点)が簡単には避けられない場合があります。

その際、何が何でも欠点を排除するのではなく、欠点を「有益」なものに変えることができないか?を考えると、突破口が見つかることがあります。

例えば、半導体を切断するダイサーでは、ダイシングブレードを用いていますが、切れ味が悪くなることがあります。通常は単に交換するだけですが、例えば、被切断物の下に研磨材を含む板等を置いておけば、被切断物を切断した後にダイシングブレードがその板に接触します。それにより、ブレードが自動的に研磨されます。

切断することで摩耗してしまう欠点をうまく回避できます。

このような欠点を逆に利用する技術として、鹿島が「地震エネルギーで揺れを止める」技術を開発しています(→プレスリリース。2016年4月12日検索。)。

この技術は、「エネルギー回生システムの原理を初めて建物に応用したもので、地震による建物の振動エネルギーを一時的に補助タンクに蓄え、それをダンパーの制震効率を高めるアシスト力として利用することにより、従来型装置の限界を大幅に超えた世界最高の制震効率を達成」したとのことです。

地震による揺れを抑えようとするために揺れにあらがうというより、その揺れのエネルギーを逆に利用するというもので、まさに欠点を有益なものに変えた例かもしれません。

今知的財産事務所

スポンサーサイト

2016/04/12(火) 22:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。