カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
海外で事業展開する場合、その事業に必要な知財権を確保する必要が出てくる場合があります。

中小企業にとって海外で特許権や商標権等を取得する際の最も大きなハードルは、その費用(出願や弁理士費用)です。1つの国で特許権を取得しようとしても、その費用が非常に高額なため、海外で知財権を取得することを断念する中小企業が多い状況です。

知財権がない状態でどのようにするかというと、最低限、第三者の権利を踏んでいないことを前提にいち早く市場に製品・サービスを出して第三者に特許権を取得させないようにすると共に、ノウハウ部分を適切に秘匿化することが考えられます。

しかし、知財権がない状態で海外に進出すると、市場に出した製品・サービスが良いものであるほどすぐ模倣されてしまいます。模倣品の品質が悪く、しかもその模倣品を手に取った需要者が、本来の事業者の製品だと思ってしまった場合、その事業者の信用が落ちてしまうことにもなりかねません。

やはり知財権があった方が良い場合があるのですが、海外で知財権を取得するのは中小企業にとっては費用面からとても難しいものになっています。

そこで、様々なところで助成金が出ています。例えば、東京都及び公益財産法人東京都中小企業振興公社がそのような助成金事業を展開しています。

平成28年度も助成金事業をするとのことで、東京都知的財産総合センターで説明会が開かれます(本年4月7日に秋葉原で、4月8日には多摩で開かれるとのことです。→詳しくはこちら)。

海外進出を検討しおり、海外での知財権取得のための費用にお困りの中小企業の方々は、このような助成金を利用することが有効だと思います。

もちろん、権利は取得するだけでは大きな意味がないので、権利をどのように使うのかを海外進出への検討段階からきちんと考え、戦略を練っておくことが必要です。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/03/23(水) 23:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。