カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
何か新規な事業を始める前には、その事業に必要な技術や商品のネーミング、そしてデザインについて第三者の権利を踏んでいないかどうかを調査する必要があります。

もし調査しないで事業を開始した後に、実は第三者の特許権や商標権等を侵害していた!なんてことになると、せっかくの努力が水の泡どころか、損害賠償請求される可能性もあります。

しかし、調査はどうやったらいいのか?と二の足を踏む中小企業さんが多いのも事実です。

そこで、誰もが無料で使える「特許情報プラットフォーム」、通称J-PlatPatという無料のデータベースがあります。(「特許情報」とありますが、商標、意匠等ももちろんありますよ。)

これを使えば、第三者の特許権や意匠権、商標権等について調査することができます。

使い方が分からない!と思われるかもしれませんが、昔あったIPDLに比べれば、初心者でもずいぶん使いやすくなっていると思います。誰もが無料に使えるので、まずは気になる競合の社名で検索したり、商品名で商標を検索したり、いじってみることで慣れると思います。

もちろん、行政などが講習会を開いたりしているので、それを利用することもありです。
(例えば、工業所有権情報館では時々講習会を開いています)

あるいは、知財専門家にセミナーなど依頼するのもよいかもしれません(弊所でも対応しています)。

ただ気を付けなければならないのは、時々、メンテナンスでサービスが停止されることです。直近では、3月25日(金)20:00〜28日(月)8:00までJ-PlatPatの全サービスが停止されます。

通常の人々なら金曜夜から月曜朝まで停止しても問題ないと思いますが、休日も仕事をしている身としては…
まぁ、弊所では有料のデータベースも使っているので問題はないのですが。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/03/20(日) 01:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。