カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

【弁理士】今 智司

Author:【弁理士】今 智司
今(こん)知的財産事務所の所長ブログです。2011年1月に独立開業しました。MOT系弁理士です。知財はビジネスに役立たせてこそだ!と考え、技術、デザイン、ブランドの知財複合戦略を考えています。

今知的財産事務所

最新トラックバック
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 
さてさて、多くの企業では外国出願にPCTを利用しています。弊所でも出願していますが、多くの場合、日本出願をもとにPCT出願しています。

そしてPCT出願の時に優先権主張するのですが、日本出願に紐付られるアクセスコードをPCTの願書に記載するだけで事は済みます。

ただし、PCT出願時にアクセスコードが付与されていない場合、出願後、WIPOにアクセスコードを通知する必要があります。

通常は書簡を送るのですが、私のところではePCTを利用しています。ePCTは、ネットを介して書簡を提出できるシステムです(よって、書簡はPDFで送ることになります)。

経験上、PCT出願から3週間程度でWIPOのデータベースに願番が登録され、それ以降に書簡をアップロードできます。そして、ePCTで書簡をアップロードすると、大体1週間程度でWIPOが受理したかどうかをネット上で確認できます。

書簡を出すといっても郵送やFAXではなく、ネットベースでできますし、ネット上だとWIPOが受理したかどうかを簡単に確認できるので非常に便利です。

とはいえ、そろそろ日本出願と同時にアクセスコードが付与されるので、上記のような手続きも徐々にやらなくなりそうですが。。。

今知的財産事務所
スポンサーサイト

2016/03/18(金) 18:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。